旅人少女の冒険綺譚

野良の猫

1-5「試練の洞窟-2」


奥へと走り続けるシャルルだが、どうも様子がおかしいと気が付いたのは、洞窟の中枢に差し掛かった時だった。


本来であれば、頻繁に魔物が出てくる試練の洞窟。しかし、最初に出くわした三匹の魔物以外、遭遇していない。

シャルルにとっては好都合なのだが、流石に何かがおかしいと足を止めた。

走ってきた道を振り返る。ここまでは一本道だったはずだ。迷うことはない。

シャルルは腰に下げた剣の鞘を握り、剣をいつでも抜けるように警戒した。ふと嫌な予感がしたからである。

剣を構えながら前へとゆっくりと進むと、広い場所に出た。天井も、今まで来た道に比べれば高い。

シャルルが広場の真ん中へと差し掛かった時、嫌な予感は見事的中してしまう。

「やっぱりこうなるよね...どおりで魔物が出てこないと思った」

シャルルを中心として、黒い靄が吹き上がる。そして次々と魔物が姿を現した。
シャルルは剣を抜くと、周りを見渡しながら剣を構える。

魔物の数は、今までよりもかなり多い。シャルルを囲むように現れた魔物たちは、威嚇しながら攻撃を仕掛けようと身構えている。

シャルルも、当たりを見ながら油断しないように剣先を魔物達に向け、威嚇を仕返す。

油断を見せれば、いつ攻撃されてもおかしくはない。まさに一触即発だ。

激戦になるなと覚悟を決めて、シャルルは唾を飲み込んだ。これだけの相手。しかしここを超えなければ少年の期待も、自分の依頼もこなすことは出来ない。

やってやる。やらねば!
自分の為に。少年の為に。

深呼吸をして、集中力を高める。
魔物が一匹飛び掛かってくると、周りの魔物も一斉に飛び掛かった。

___試練の洞窟。

シャルルに降りかかる試練は、これからが本番を迎えようとしていた__。




_______。
一方、シャルルの帰りを待つ少年は、切り株の上に座り、空を眺めていた。時折落ち着かない様子で当たりを見渡したり、切り株の周りを歩いたり。どうもシャルルが心配な様子だ。

洞窟の奥から、たまに聞こえてくる魔物の咆哮。その声にビクリと体をはねさせつつも、少年はシャルルを待っていた。

「僕にも戦う力があればな...うぅ...怖いよ...シャルルお姉ちゃん...」

非力な少年は、虹の砂の入った小瓶を両手で握りしめ、ぽつりと呟いた。

助けられてばかりで申し訳ない気持ち。
助けたくても助けられない不甲斐ない気持ち。魔物に対する恐怖__。


そしてただ無事を祈ることしか出来ないもどかしい気持ち。様々な気持ちが少年の心を掻き乱した。

「これは私の大切な物だから__。」
シャルルに託された小さな小瓶を、少年は抱き締める。


どうか無事でありますように__。


祈ることしか出来ないのなら、祈るしかないと少年は心に決め、切り株の上でただ空に、シャルルの無事を祈り続けるのだった。




「旅人少女の冒険綺譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く