旅人少女の冒険綺譚

野良の猫

1-2「始まりの森」

赤い帽子に赤いコート、そして腰には小さな小瓶をぶら下げ、小さな皮の鞄を背負った青い瞳をもつ一人の少女の姿があった。一応ではあるが、腰には剣が装備してある。


「確かこの当たりだったような...」

と、小さく呟きながら木の根元を見渡しながら歩いている。手に持っていた羊皮紙を開き、捜し物である薬草を確認すると、また探し始める。

そう。少女は今依頼を受けているのだ。
依頼とはいえ、そんな大層な物ではなく。少女の師匠である自称伝説の旅人からのお遣い、といった方が良いのかもしれない。


__全ての課題、もといワシの依頼を全て終わったら、この飛行艇チケットをやろう。


と言う口約束の元なのだが。そんな口約束の依頼を必死にこなそうと、少女は必死に薬草を探していた。一応ではあるが、これが最後の課題...らしい。


「確かにこの当たりなんだけど___」
と少女が立ち上がろうとした時、何処からか悲鳴が響き渡る。咄嗟に悲鳴が聞こえた方へ振り返ると、その方向へと少女は走り出した。

森が開けた場所に出ると、魔物に襲われそうになっている少年が一人。腰を抜かして動けなくなっているようだ。

__旅人たる者、冷静であれ。
と言う自称伝説の旅人の助言は呆気なく頭から消えていて、少女は剣を引き抜き一気に魔物へと距離を詰める

「はぁぁぁ!」
気合いの一撃...なのだが魔物は一瞬だけ怯むだけで、倒し切れてはいない。踏み込みが足りないのか、太刀筋が悪いのか。


そんな事はさておき、一時的に魔物のターゲットは少女に変わった。

「大丈夫?怪我はない?」

少年は助けが来たと安堵したのか、ゆっくり立ち上がると、「だ、大丈夫...」と小声で返した。それでも足は震えている。襲われる寸前だったのだ。無理もない。

不意打ちにより、蹌踉けていた魔物が、また体制を立て直して威嚇の咆哮を森へ響かせた。少女は剣を構え直す。

「じゃあ少し離れてて。」

その言葉に少年は木の陰に隠れ、魔物と相対する少女を見守る。少年には、今目の前で戦う少女はヒーローに見えているだろう

「うーん...どうも剣術は苦手なんだけど...まぁ仕方ないかぁ...」

小声で呟く少女は、ヒーローには程遠く、苦笑を浮かべた。その束の間、魔物からの先制攻撃が始まった。身構えていたお陰か、なんとか剣で攻撃を受け流す。

体制は悪いが、それは魔物も同じだ。
受け流した攻撃の反動を利用して体をひねらせ、カウンターを魔物の胴体へと打ち込むと、魔物を見事引き裂く。

その一撃が決め手となり、パラパラと音を立てながら、魔物は崩れ去ると小さな結晶を落として消えてしまった。

戦闘終了、報酬は小さな結晶の欠片である。
人前での戦闘に勝利して、嬉しそうにしながら剣を鞘へと直すと帽子をかぶりなおす。にやけ顔を少年には見せないように。

「うわぁー、凄い!魔物を倒しちゃった!」
少年は目を輝かせて走り寄ると少女に抱き着いてきた。

「私にかかれば楽勝よ!」
と胸をはり、得意気な笑顔を浮かべた。少年の頭を撫でると、「もう大丈夫よ」と優しく微笑みながら告げた。

少女は先ほど倒した魔物の結晶を拾い上げる。それを小さな小瓶に仕舞う。

「ねぇ、お姉ちゃんの名前は?」
少年の問いに、にっこりスマイルとともに名を告げた。

「私の名前はシャルロット!気軽にシャルルって読んでね__!」




始まりの森。
それは旅人達が、旅に出る為の所謂訓練所。そんな場所の魔物位は、勝てないと旅にすら出られないのだが...。


旅人見習いシャルルの旅は、まだ始まらないのであった___。



「旅人少女の冒険綺譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く