話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学生時代

Me-ya

泣かないで、マイ・ラブ 8

-その日の朝。

私はいつもより早く起きて。

シャワーを浴び、しっかりと朝食を作り、食べて。

気合を入れ、時間をかけて髪をセットし、薄く…でも、いつもよりは念入りに化粧をして。

玄関のドアを開けた。

今日。

この日。

私は一大決心をして家を出た。

『…今回、特別なのは何故なんだろうって…』

塔野の一言に。

“……特別………………。”

自信をもらって。

私は。

今日。

佐藤治夫に。

……こ…こ…こ、こ、こ…こここ告白をする!!

……………ちょっと……緊張しているけど。

………電車が大学に近付くにつれて心臓の鼓動がうるさい程、早くなっているけど。

『……………次は○△駅~、○△駅~、……………』

降りる駅が聞こえてきただけで、緊張のあまり、心臓が口から飛び出しそう。

電車から下車し、改札口へ向かう列の中、私は佐藤治夫を見つけた。

と同時に、思わず彼に見付からないように人混みの中へ紛れ込む。

(………はっ!!……いけない、いつものクセで隠れてしまった)

そうよ、別に隠れる事なんか………今日は私は彼に堂々と(?)告白をするんだから!!

そ、そうよ………だから………堂々と……………い、いや……平然と?………まって…………さりげなく………?

そうね、それでいこう。

あくまでも……さりげなく……片手を上げて……『やあ、おはよう、佐藤君』……って感じで……うん、よし。

決心した私が人混みから抜け出そうと1歩、足を踏み出した時。

「………治夫!!」

私を軽やかに追い抜いて1人の女性が治夫の元に駆けていった。

(治夫って………呼び捨て!?)

治夫に駆け寄り、彼を見上げる顔は、女の私でも見惚れるほど可愛くて………。

……………って…………………………誰!?


「学生時代」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く