話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学生時代

Me-ya

泣かないで、マイ・ラブ 1

-私が彼を初めて見たのは、放課後の図書室。

彼は夕日の射し込む窓際の席に座り、本を広げ…手紙を読んでいた。

優しい、愛おしいモノを見ているような…そんな眼差しに惹かれ。

端正な横顔。

小説の中の王子様みたいな彼の姿に、私の視線は釘付けになった。

楽しみにしていた恋愛小説(この恋愛小説は廃版になっていて、どこの本屋さんにも売っておらず偶然、この図書室にある事を知り…でも、貸し出しをされていて今日、返却されると聞き、今朝から読む事を楽しみにしていたのだ)を借りる事も忘れて片手に持ったまま、私は彼の横顔に見惚れていた。

そして。

どれくらいそうしていたのか。

-数秒間だったような気もするし、数時間か過ぎたような気もする。

静かな図書室に二人きり。

私と彼だけ。

やがて。

手紙を読み終わった彼が顔を上げると、私の瞳と彼の瞳が絡み合い-。

-なんて事はなく。

読み終わった手紙を丁寧に畳むと、綺麗な仕草で封筒に入れ、大切そうに広げていた本に挟み込み、席から彼が立ち上がった事で私の妄想も終わりを告げる

そして。

そのまま、私が見詰めている事にも気付かず、彼は私の目の前を素通りし、図書室の出口に向かう。

私が-大切そうに扱われているその手紙になりたい-と思いつつ、扉の向こうに消えていく彼の背中を見送っている事も知らず。

扉は閉まった。

彼の姿が扉の向こうに消えた時、私の頭の中で声が響いた。

これは“運命”だと-。

「学生時代」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く