話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学生時代

Me-ya

いつか、君の声が 19

『……………会いたかった』

-どうしてこうなっているんだ…?

訳が分からないまま…僕は今…何故か、治夫に抱き締められている。

(…初めて学校をサボってしまった)

久し振りに治夫を前にして…情けなくも…涙を流してしまった…。

………というか。

そんな事より。

-不覚だ………。

不覚だ。

不覚だっ!!

『…………会いたかった』

言いたい事は山ほどあったはずなのに。

胸がいっぱいで。

何も言えなくて。

やっと口にした言葉が。

『……………会いたかった』

そ、それも皆の前で。

皆の前で。

皆の前でっ!!

あ、あれじゃ、ま、まるで………ぼ、僕が治夫を好きで、治夫に…こ、告白をしたみたいじゃないか………っ。

………………………………………………………………。

………………………………ん?

いや、待て。

僕が治夫を好きなのは間違ってない。

治夫に告白をしようとしてた事も間違いない。

というか。

告白どころか、皆の前でキス(それも濃厚なヤツ)をして治夫に僕の本気を見せてやろうと考えていたんだよな…。

だったら、いいのか………?

………いや、でも、あれは告白するより恥ずかしかったような気が………。

その時。

「………何、1人で百面相してんの?」

耳元で低い+エロい声がして、ゾクリとすると同時に、僕は我に返った。

………………………………………そうだった!!

僕はがっちり治夫の腕に抱きしめられているんだった!!

『……………会いたかった』

泣きながら呟いた僕の言葉を聞いた途端。

それまで少し困ったように眉を下げて僕を見ていた治夫は、椅子を蹴倒す勢いで立ち上がり、涙を拭っている僕の手首をむんずとつかむと、教室を…いや、学校を飛び出した。

そして。

僕は。

(………初めて学校をサボってしまった)

「学生時代」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く