話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学生時代

Me-ya

いつか、君の声が 9

-治夫に会えないまま、日々は過ぎていく。

寧音に邪魔されているわけじゃない。

治夫が僕を避けている。

…確かに、最初は寧音が治夫と僕の間に壁のように立ち塞がっていたけど。

でも、その間も電話をしても、メールを送っても、何度もLINEを送ったのに。

返信がない。

LINEに既読は付いているから読んでないわけないのに。

返信がない。

最初は忙しいんだろうと思って待っていたけど。

何日も返信がなければ、いくら鈍い僕でもさすがに気付く。

(…これが…既読スルーというヤツか…?)

そう、気付いてしまうと。

寧音が僕の前からいつの間にかいなくなって、治夫に会いに行くのに何の障害もなくなったというのに…今度は、僕の方から治夫に会いに行きづらくなってしまった。

(…僕、何か、治夫を怒らせるような事をしたっけ…?)

いくら考えても思い当たらないし、わからない。

…あまりにも考え込んでしまった僕は…熱を出し、寝込んでしまった。

そして。

その日。

いつもなら僕が学校を休むと、心配してしつこいくらい学校から僕の携帯にLINEを送り、学校が終わると見舞いに来てくれていた治夫は………。

来なかった。

電話も。

LINEにさえ。

連絡が来る事はなかった。

「学生時代」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く