話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学生時代

Me-ya

いつか、君の声が 2

「…やだな~、そんな怖い顔をして………」

いつものようにヘラヘラと軽口をたたき始めた松山の言葉を遮るように僕は口を開く。

「…もう、僕は、松山の言うなりには、ならないから…二人きりで会うのも、今日で最後にするから………っ」

さすがに松山の顔を見詰めて言う勇気はなく、俯いて一気に最後まで喋る。

………声が震えてしまったのは……情けないけど、しようがない。

「…………………………」

「…………………………」

………ち、沈黙が怖い……。

(…な、何か言ってくんないかな………)

「…………………………」

「…………………………」

「………分かった」

やっと聞こえたその言葉に、僕は勢いよく顔を上げる。

………あまりに勢いよく頭を上げたものだから、危うく貧血を起こしそうになったくらいだ。

「…何?そんな驚いたような顔をして」

…確かに、驚いた。

というか…決死の覚悟で言った言葉を簡単に了承されて…拍子抜けして…身体から一気に力が抜けた。

「学生時代」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く