話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学生時代

Me-ya

瞳の中、君に 12

隼人の苦しそうな顔と声から、合意とは思えない。

かといって、隼人が抵抗している素振りがない事から、無理矢理とも思えない。

苦しそうな隼人に気付いているのか、いないのか…松山は隼人の腰を掴んだまま、目を瞑って腰を振っていた。

その光景を見た俺の頭に、血が登る。

―寧音がいなければ、中に押し入り、隼人と松山を引き剥がして松山を殴っていたかもしれない。

寧音に腕を取られハッとした俺は、そのまま…寧音に腕を掴まれたまま…その場を後にした。

「…分かったでしょ?隼人は彼と付き合っている事を知られたくなくて、治夫を避けていたのよ」

…隼人が松山と…?

俺は寧音の言葉に、納得する事ができなかった。

隼人の苦しそうな顔が、思い出される。

自分の快感だけを追い求めているようだった松山の顔も…。

二人が付き合っているなんて、嘘だ。

先程の二人の行為を見なければ、寧音の言葉を信じたかもしれない。

それ程に、普段の二人は仲良く見えた。

俺が嫉妬する程に。

だが、先程の二人の行為を見た俺は、確信した。

例え、無理矢理じゃないとしても。

例え、合意の上だとしても。

二人は、付き合ってない。

好きでもないヤツと、隼人が何故、ああいった行為をしているのか…。

それは、分からない。

分からないが…先程の…松山に抱かれている隼人を見て、分かった事がある。

―俺は、隼人の事が好きだという事。

…友人としてじゃない。

恋愛対象として、好きなんだ…。

それを確信した途端…俺は愕然とした。

この恋は、決して実らない。

実る事は、ない。

「………治夫?」

俺を呼ぶ声に顔を上げると、訝し気に俺を見ている寧音と目が合った。

―途端。

俺は何も考える事なく、寧音に手を伸ばして抱き寄せていた。

「……治夫」

寧音は嬉しそうに俺の名を呼び、俺の背中に手を回す。

だが、俺の頭の中には隼人の事だけしかなく…。

胸の中には、嫉妬と怒りが渦巻いていた。

付き合ってないとはいえ、自分の快感だけを追って、隼人を抱いていた松山に。



「学生時代」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く