話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学生時代

Me-ya

瞳の中、君に 7

-アルバムも見せてもらった。

仲が良さそうに二人、肩を組んで笑っている写真が何枚も貼ってあった。

…そんなに仲の良かった隼人の事(だけ)を何故、忘れてしまったのだろう…。

…………………………。

だが…そんな事、考えても仕方がない。

…忘れてしまったのなら、また新しく作ればいいんだ。

母親の話の通り、俺達の仲が良かったのなら、記憶をなくしていても必ず以前のように仲良くなれる…はずだ。

というより…なりたい。

あの時、病室に来てくれたという事は、隼人だってそう思ってくれている…はず。

だって、病室のドアを開けた隼人は、笑顔だった。

あの笑顔は、俺の無事を心から喜んでいた笑顔だった。

………と思う。

だから、俺達の友情は恋愛なんかで壊れるモノなんかじゃない…はず。

………たぶん。

いや、絶対そうだ。

何より、俺が彼―隼人と友人になりたいと思っている。

以前みたいに…いや、できることなら以前以上に。

隼人を見たあの瞬間、そう思った。

―彼…隼人と、友人になりたい―。


「学生時代」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く