話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学生時代

Me-ya

恋と嘘と現実と 49

―パンッ―

叩かれた左頬がヒリヒリ痛む。

目の前には寧音。

涙を流して僕を睨んでいた。

「…貴方を護って治夫は怪我してばかり…消えてよ…治夫の前から居なくなって!!」

そう叫んで走り去っていった寧音に、僕は何も言う事ができなかった。

…確かに…僕を庇って治夫は二度も怪我をした。

治夫に近付かない方がいいのかもしれない…。

本当は、寧音の言う通り治夫の前から消えた方がいいのかもしれないけど…卒業するまで、それは無理だから…。

…大丈夫…。

治夫は僕に関する記憶がないのに、僕を庇ってくれた。

自分が大怪我をするかもしれないのに。

記憶をなくす以前と同じように、僕を大切に思ってくれている。

それだけで、大丈夫。

治夫と離れても、大丈夫。

だから、もう…寧音の言う通り治夫の側には近付かない。

親に頼んで、卒業を待たずに転校させてもらおう。

僕程度の頭でも、どこか入れる所を探して。

高校を卒業すれば、この街を出る事になるし…治夫と擦れ違う事すらなくなるだろうから。

…だから…心の中で思うくらいはいいよな。

それくらいは許してもらおう。

…許してくれるよな…。

「学生時代」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く