話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学生時代

Me-ya

恋と嘘と現実と 44

こんな不機嫌そうな千尋の顔、僕以外に知っている人間はいないだろう。

皆の前で絶縁宣言した僕が許せないらしい。

…別に許してもらわなくてもいいけど。

僕にだって言い分はあるし…。

「…治夫にバレた」

「………ふ~ん、そう。だから…?」

僕の言葉に千尋は不機嫌な顔のまま、平然と答える。

何がバレたのかも聞かずに。

驚いた顔もしていない。

という事は…やぱり千尋が、バレるように仕向けたのか。

でも、そんな事をして千尋に得する事なんてないだろうに。

それどころか、治夫以外の人間に見られる危険もあった。

…千尋の考えている事がさっぱりわからない。

わからないけど治夫にバレてしまった以上、千尋と関係を続ける事はできない。

だって、僕が好きなのは治夫だから。

昨日、治夫に手を繋がれて帰った時に再認識した。

治夫に誤解されるような事はしたくない。

…いや、千尋と関係を持った事は誤解じゃないし、事実なんだけど…僕のこの気持ちまで誤解されたくない。


「学生時代」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く