話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学生時代

Me-ya

恋と嘘と現実と 28

「…同じクラスの友人と居たら、おかしいわけ?これが普通だろ。違うクラスの治夫と一緒に居た今までがおかしいんだよ」

「だって、俺達、親友だったんだろ?」

「…親友だからって、そんなにベタベタ一緒に居ないだろ、普通。それより、寧音と一緒に居てやれよ。お前達、付き合っているんだからさ」

自分が口にした言葉に、自分で傷付く。

だが、僕も、もう限界だ。

治夫と寧音が一緒に居る姿を、目の前でいつまでも見続けているのは…。

「…付き合って…いたのかな…」

「………え?」

「…いや…なんか、実感がなくて。俺が事故にあう前から、俺達、本当に付き合っていたのかな…?」

事故にあう前から…?

治夫の言っている意味がわからない。

治夫と寧音が付き合い始めたのは、入院している時だろ?

事故にあう前からって事はないはずだ。

だってその時、治夫は僕の事が好きで…事故にあう直前まで僕を口説いていたのに…。

「…隼人に関する記憶以外に、事故にあう前から寧音と付き合っていたっていう記憶もないんだ。だからかな…なんか、しっくりこなくて…」

…そうか。

寧音のヤツ、そんな嘘を付いていたのか…。

「…好きな人はいたと思うんだ…なんとなく、だけど。ただ…その相手が寧々だと言われても…なんか、ピンとこなくて…なあ…隼人なら知っているだろ?俺が好きだった人。教えてくれよ。俺、本当に、寧音と付き合っていたのかな…?」

…そんな事、僕に聞くなよ。

本当の事、言えるわけないだろ。

治夫が記憶をなくす前、本当に好きだったのは僕だ、なんて。

「…寧音がそう言うのなら、そうなんだろ」

「……隼人も知らないのか…?」

…やめろ。

そんな、情けない声、出すなよ。

治夫には似合わないだろ。

そんな…途方に暮れたような…そんな声。

聞きたくない。

治夫のそんな声を聞きたくなくて、思わず口走っていた。

「…イヤ、付キ合ッテイタ。ウン。確カニ、二人ハ付キ合ッテイタト思ウヨ」

………ああ……我ながらなんて嘘が下手なんだ……これじゃ治夫に疑われるじゃないか。

「………本当に?」

………ほら、やっぱり。

僕のそのぎこちない言葉に、治夫は疑わしそうに僕を見てきた。

…そんな目で見るなよ。


「学生時代」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く