話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学生時代

Me-ya

恋と嘘と現実と 24

「何、ぼーっとしてんだよ。帰ろうぜ」

「……あ…ああ」

…本当は、2人と一緒に帰りたくはない。

帰り道の間、治夫と寧音のイチャつきぶりをずっと目の前で見せられるなんて、苦痛意外の何物でもない。

…担任のホームルームが長くなければ、先に帰るのに…。

一回、待ってもらうのは悪いから先に帰っていいと言ったが、かまわないから待ってると言われた。

僕がかまうんだよ…っ。

目の前で二人がイチャついている姿を見たくないんだよ…っ!!

気付けよ…っ!!

………なんて事、言えるはずもなく。

一緒に帰っているけど。

………おかしくね?

この三人で仲良く帰るって、おかしくね?

僕と治夫は幼馴染みで親友(治夫にその記憶はないけど…)。

僕と寧音は以前、付き合っていた。

現在、治夫と寧音は付き合っている

そんな三人が一緒に仲良く帰るなんて…おかしいよな?

クラスの皆、怪訝そうな顔をして僕らを見ているし…。

たぶん、寧音が女子達の間で孤立しているのって、これも原因のひとつじゃないかと思うんだ。


「学生時代」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く