話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学生時代

Me-ya

恋と嘘と現実と 17

-それからどこをどう歩いたのか………。

(………ここ……)

気が付くと、いつの間にか学校の校門前に来ていた。

放課後の校舎からは合唱部の練習している歌声や、校庭からは運動部の声援などが聞こえている。

(………そうか……)

そういえば治夫との思い出って、学校しかないんだよな。

校舎を眺めながら思い出す。

幼い頃はお互いの家を行き来していたらしいが、憶えていないし…小学校に上がった頃から家はおろか、外で会った事もない。

他の友人とは、外で遊んだ事は何度もあるのに。

「…一度くらい遊んでおけばよかったな」

こんな事になると知っていたなら。

僕はひとつ溜め息を吐くと、とぼとぼと家路についた。


「学生時代」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く