話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学生時代

Me-ya

恋と嘘と現実と 9

治夫が助かると聞かされるまではこの場所から離れない。

絶対に。

治夫が目を覚ました時、側に居たいんだ。

「僕はここに居る。どこにも行かない」

寧音の目を見て、はっきりとそう告げた。

「…な…っ!?」

僕が告げた言葉が予想外だったのか、寧音が絶句している。   

まさか僕がこんなにはっきりと寧音の言葉を拒否するとは思わなかったのだろう。

そして、僕の気持ちに気付いたのか。

僕を睨み付けている瞳が今までと違う。

恋敵をみる目になっていた。

凄い目で睨み付けられたが、僕も自分の気持ちに気付いた以上、引くわけにはいかない。

寧音の瞳から目を逸らさなかった。

僕と寧音の間に緊張が走る。

だが、その時。

治夫の手術が無事終わったと看護師さんが知らせに来てくれて、二人の間の緊張が解けた。

まだ意識は戻らないが危機は脱したと聞かされ、身体中の力が抜けた僕はその場に座り込んでしまう。

…立てない…。

おまけに涙が…。

ホッとした途端、緊張が解けて安心した。

…でも、なんか悔しい…。

「学生時代」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く