話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学生時代

Me-ya

青空とうわの空 3

「…だ、だって…」

「だって…?」

「…け、結婚、できないじゃないか」

「……だから?」

「だから…って…」

「結婚できる国だってあるじゃないか。それに結婚といっても、婚姻届け一枚の契約だろ。オマケに結婚せずに事実婚している男女だっているだろ」

………う………。

「俺が隼人を好きなのは誰にも止められないよ。昔から好きだったんだからね。俺が女性になって隼人が俺を好きになってくれるのなら、女性になってもいいと思える程には隼人を好きなんだ」

…そんな瞳で僕を見るな~!!

思わず、クラッとしちゃうじゃないか~。

…いやいや、治夫にクラッとしてどうする。

しっかりするんだ、僕!!

「…あ…そういえば、時間があれば僕のところに来ているみたいだけど、勉強、大丈夫か?」

慌てて話題を変えた。

「何、心配してくれているのか?」

「いや…心配っていうか…」

「隼人~、先生が呼んでたぞ」

丁度、クラスメイトが僕を呼ぶ声が聞こえて、ホッとする。

今は昼休み。

僕のクラスにて。

食事が終わり、治夫に口説かれ…ゲフンゲフン、治夫と無駄話をしていたところ。

「何、したんだ?」

僕を呼ぶ声に、まるで初めからこの教室のクラスメートみたいな顔をして、僕の前の椅子に座っていた治夫はそう聞いてくるが、覚えのない僕は首を傾げる。

「…何だろ?わかんないけど、ちょっと行ってくる」

席を立ち、教室を出た僕の前に寧音が立ち塞がった。

「隼人と話がしたくて呼び出してもらったの…来て」

「…じゃあ、先生が呼んでるっていうのは…」

「…嘘よ」

戸惑って聞いた僕に、寧音は振り向きもせずそう言って、廊下を歩き始める。

僕は慌てて寧音の後を付いて歩いた。

「学生時代」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く