話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学生時代

Me-ya

遠くの夕焼けに初恋、消えた 11

僕と治夫、幼稚園の頃からずっと一緒だったけど…寧音は同じ幼稚園にいなかったぞ?

寧音に初めて会ったのは小学校の頃じゃなかったっけ?

あれ?

それとも僕が気付かなかっただけで、実は同じ幼稚園だったのか?

「諦めようとしたのは、その相手とは結婚できない事に気付いたからなんだ」

………結婚できない…?

「………おわっ!?」

治夫の言葉を不思議に思い顔を上げると、意外と間近に治夫の顔があって吃驚する。

ていうか…。

段々と治夫の顔がアップになって、迫ってきてるんですけど~!?

しかし、イケメンはアップで見ても、イケメンだな。

……………………。

……………ん……………?

………んん………?

…んんん~!?

思考停止。

頭の中が真っ白。

何が起こっているんだ…?

治夫の唇が、僕の唇を塞いでいるぞ?

って……………。

ええぇぇぇえぇぇ~っ!!

「…あぁ…やっぱりキスは本人とするのが一番、いいな」

唇を離し、うっとりとそう呟く治夫に僕は目を白黒させた。

何?

「学生時代」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く