話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学生時代

Me-ya

遠くの夕焼けに初恋、消えた 4

「よっ!」

朝、治夫はいつもの場所で僕を待っていた

そしていつもと変わらず、僕を見ると笑って挨拶してくる。

僕は唇を噛み締めると、何も言わず治夫の前を通り過ぎた。

「な~に、シカトしてんだよ?」

黙って通り過ぎようとした僕を気にすることなく治夫は、僕の肩に腕を回す。

その腕を振り払い、治夫を睨む。

「寧音と笑ってたんだろ、僕の事。馬鹿にして」

「…え…何?」

「もう勉強、教えてくれなくていいから。僕の前に現れないで」

「ちょ…待てよ!」

さすがに僕が普段と違うことに気付いたのか、治夫は僕の手首を掴み、立ち去ろうとした僕を引き止める。

「どうしたんだよ。言いたい事があるのなら、はっきり言えよ」

「…その言葉、そっくりそのまま返してやるよ。寧音と付き合っているなら、そう言ったらよかっただろ!!」

僕は掴まれた手を振り払い、叫ぶ。

「………何の事?」

白々しい。

「昨日…教室で、見たんだ。寧音と治夫」

僕がそこまで言うと、治夫は流石に顔色を変えた。

「学生時代」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く