話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学生時代

Me-ya

バイバイ 15

「………遠慮なんかしてないから」

それより僕は今、ひとりになりたいんだけど…。

そこんとこ、分かってくれないかな。

「ま、い~からい~から、分かってるって」

………ぜってー、分かってねぇ。

「……そんなに人に勉強を教えたいのなら、同じクラスの奴に教えろよ。喜んでもらえるんじゃねーの」

少しヤケクソ気味に(嫌味も込めて)言ってやる。

「バッカだな、頭いいヤツに教えたって面白くないじゃん。そうじゃないヤツに教えて理解させる事が面白いんじゃん」

……………む。

悪かったな。

頭、よくなくて。

本当の事だけど、他人に言われると腹、立つぞ。

「俺に任せとけば大丈夫だって。絶対、成績を上げてやるからさ」

「大丈夫だよ、俺に任せなさい!!」

……その言葉………クラス替えのテスト前に聞きたかった………。

「学生時代」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く