話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

学生時代

Me-ya

バイバイ 8

僕は寧音とクラスが変わった後、初めて休み時間に寧音のいる教室へと遊びに………顔を見に行った日の事を思い出して溜め息を吐いた。

皆、机にかじりついて勉強していたもんな。

あれには驚いた。

黙々と勉強していて。

喋っているヤツなんか、ひとりもいなかった。

教室内のピリピリした…張り詰めた雰囲気が伝わり、関係ない僕まで緊張したもんな。

あの時は寧音を呼ぶ事を止めて、早々に自分の教室に戻った。

あれから寧音がいる教室には行っていない。

あの光景を見た後は…なんか行きにくくて。

かといって、寧音の方から僕に会いに来てくれる事は期待できないしな~。

照れ屋さんだから。

だから、寧音に会うには僕の方から会いに行くか、偶然を期待するしかないんだよな~。

運がよければ廊下で会ったりする事があるから………。

確実に会えるのは昼休みと放課後。

昼休みは、寧音と一緒に食事しようと約束していて屋上で待ち合わせ。

放課後は一緒に帰る為に靴箱の所で待ち合わせしていた。

それなのに……………。

どうして……………。

その貴重な昼休みに寧音は来ないんだー!!


「学生時代」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く