私の妹達と姉達はシスコンすぎる

夜空星叶

好きって

日が沈む少し前、夕日がオレンジで、部屋に差し込んでくる光はとても綺麗だ。


こうやって、くつろいでいるうちに理奈に何かあったら?


どうしよう、今何時だろう。


震える手で携帯で時刻を確認する。




「もう、6時か」


「早いね」


「星夜、私、理奈探してくる」


「心配?」


心配に決まってるよ・・・。


「うん」


「行ってらっしゃい」


「行って来ます」


ガチャン


「瑠美姉、理奈のこと心配じゃないの?」


「あの子、ボクシング習ってるから」


「知ってたの?」


「私はね」


「なんだぁ」


「雅の隠し事とかも」


「なんですか?」


「さぁ?」


***


Sweet Emotionを聞きながら、落ち着いてみる。


理奈が見つかりますように。


「灼熱の恋にグラス合わせ
今宵2人何処までもこう
情熱のままに口づけを
朝が来るまで求めてる」


走りながら歌ったら、息切れするのが早い。


「はぁ、はぁ、理奈ー!」


お願いだから、返事してよっ!


キィ〜


「あれ?光じゃん」


自転車に乗って登場したのは、


「ゆらじゃん」


私に以前好意を寄せていた女の子。


「どうしたの?」


「理奈探してる」


「ああ、それなら、雅さんのさよならLIVEにいたよ?私も行ってたから」


「場所、わかんねぇ」


「私が案内する」


「いいの?」


「LIVEが8時までだから、今は6時半」


「後、1時間半」


「ここから、結構遠いし、電車乗ると高いから・・・後ろ乗って!走りだと、1時間半くらいかかるから、自転車ならその半分だから」


「いいの?」


「勿論!光のためなら何でもするよ?死ぬ以外はね」


「そこまで?乗ったよ」


「じゃあ、掴まって、相当早いよ」


「うん、ねぇ、まだ、私のこと好き?」


「うん、ずっと」


「振られたのに?」


「そんな簡単に諦めれたら後悔しない」


「後悔?」


「なんで、光に告白する前に諦めれなかったのだろうって」


「諦めることって難しいの?」


「うん、簡単な事もたまに、ごく稀にあるけど」


「そっか」


私は、ゆらの背中に頭をくっつけた。


「どうしたの?」


「いや、何でもない」


「そっか」


「ねぇ、私の何処が好きなの?」


「急に聞かれると困るけど、一生懸命な所とか、真っ直ぐな所とか?正直な所も」


「正直な所?」


「うん、光は、馬鹿正直なんだよ」


「そうなんだ」


「そうなんだって?」


この際、馬鹿でもアホでもなんでもいいや


「好きって言ってくれてありがとう、ゆら」


「何?急に?」


「ううん、好きってどうやったらわかるの?」


「その人の事思い出してよる眠れないとか、目が合うと逸らしたり、無防備な姿見るとムラムラしてきたり」


「あははっ、ゆら面白い」


「全部本当のことだよっ?」


「そーなんだ」


「うん、あっ!ついたよ?」


「ここ?」


「うん」


「あっ、ゆらありがとう」


ちゅっ


そっと口づけをした。


「あ、いいよ?///」


あ、でも、頬っぺたに


ガチャ


「大切な人、うたいます」


雅姉だ。


♪諦めないでっていつか聞いた
大切な人の声
今はもう忘れかけてる
優しいあなたのぬくもりを


優しい人の声と
優しい人のぬくもりを
密かに胸にしまって
誰にも届かない心の奥に
現実と夢との区別さえつかない
いつか僕が諦めようとした時


諦めないでの一言で
本当に心救われた
大切な人のぬくもり
忘れかけていた脳が思い出す


夢にみたいつの日か
あなたはもういなくて
そっと口ずさむ
諦めないよの一言を


夢が叶うその日まで








私が言ったことだ。


大切な人か・・・。

「私の妹達と姉達はシスコンすぎる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く