私の妹達と姉達はシスコンすぎる

夜空星叶

姉妹のライバル

「ただいま」


「お帰り、雅」


「どうしたの?瑠美姉、珍しいことしてるけど」


「私の光ちゃんが」


「瑠美姉の光じゃない、てか、めっちゃ怒ってない?」


「理奈も」


「どうなってんの?」


「私の口では言えない」


「リビングに一回行った方がいいかな?」


「うん、そんなにクールでいられるのは今のうちだけだよ」




***


「光、ただいま」


「お帰り、雅姉」


「あ、雅姉、久しぶり」


中性的な声、短髪、男もんの服。


光のくっつき具合。クソ、私の光が汚されてしまったのか?


「えっと?誰あんた?」


「雅姉、酷くない?」


「酷くない、名前を申せ」


「光堂星夜」


「くっ、私の大嫌いな星夜かよっ!」


「大嫌いって?私は大好きだけど」


「星夜が来ると光がベタベタになる」


「ベタベタ?」


「ベタベタしてるってこと」


「僕はベタベタしてない、ただ、可愛い子が好きなだけ」


「お前どんだけうざいんだ?」


「僕がどんだけうざくてもみんな気にしないよ?」


「あーそー」


「どっちかっていうと、雅姉って綺麗だよね?」


「・・・ありがとう」


「ツンデレ?」


「さぁ?」

「私の妹達と姉達はシスコンすぎる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く