私の妹達と姉達はシスコンすぎる

夜空星叶

瑠美姉と光

瑠美姉は、凄いルンルンで歩いている。


いつもは、落ち着いていて大人っぽいのに(?)少し子供みたいだなと思った。


少しすると、瑠美姉は私の手を握って来た。


私が驚いたような表情をすると瑠美姉は、


「手つなご?」


首を傾げて言って来た。


その仕草に心臓が飛び跳ねた。


私は、緊張で言葉が出なかった。


「光ちゃんと出掛けるの久しぶりだね?」


その言葉が、少し寂し気に聞こえた。


「・・・うん、そだね」


「いつからだっけ?2人で出掛けなくなったの」


「うーんと、中1かな?」


「そうだっけ?」


「多分」


少し沈黙。


沈黙を破ったのは、私と瑠美姉だった。


「あの「あのね」


「あっ、ごめん」


「ごめんね?先いいよ?」


「瑠美姉、何処行きたい?」


「光ちゃんと一緒なら何処でも」


「じゃあ、遊園地に行こ?」


「うん、行こ」



「私の妹達と姉達はシスコンすぎる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く