私の妹達と姉達はシスコンすぎる

夜空星叶

相談

私は、雅姉に相談する事にした。


誰を選ぶべきか。


「雅姉、話聞いて貰っていい?」


私は、雅姉の部屋に行った。


「うん、いいよ」


雅姉は、ニコッって笑って言った。


年下の私でも、可愛いって思った。


ポニーテールがめっちゃ似合ってて。


クールだ。


でも、笑うと可愛い。


「光?どうしたの?」


「えっ⁈あっ!」


やばい、今雅姉に見惚れてた。


「で、聞きたい事って?」


「ああ、そっか、相談しに来たんだった。」


「忘れてたの?」


「うん」


「相談って何?」


「雅姉が私だったら、誰を選ぶ?」


「私か、私だったら?勿論瑠美姉」


「理由は?」


「感情が豊かでいつもニコニコしてて、光を大切に出来て、いつも一生懸命な所かな?」


「そっか」


「そーゆう光は?」


「私?わ、わかんない」


「じゃあ、一人一人のいい所言って見て。
嘘はダメだよ」


「分かった。
瑠美姉は、いつもニコニコしてて、家の事やってくれたり、光ちゃん光ちゃんって言ってくれたりして。


雅姉は、私が困った時とか支えてくれたり、私が悲しんだりしてる時に抱き締めてくれたり、笑うと可愛いし。


理沙は、いつも部活頑張ってて、いつも笑ってて、元気な所で。


理奈は、光姉って言って甘えたり、モテるし、可愛し」


私が言い終えると、雅姉は納得したかのように相槌をうっていた。


「光、目閉じて」


「分かった」


私が目を閉じると雅姉は言った。


「目を閉じて想像して?


光が気にかけてる人は誰?」


私が気にかけてる人?


「一番最初に頭に浮かんだ人を言って?」


「雅姉」


「じゃあ、私とキスできる?」


雅姉とキス


「出来る」


「目を開けて?」


私は、目を開けた。


「どう?わかった?」


「うん、分かった」


私は、みんなが大切。


でも、その中でもっと大切な人がいる。


今はまだ、雅姉だけど、他の誰かに変わるかもしれない。


「でも、何故私なのか理由を教えてくれない?」


「雅姉がいつも、私の為に一生懸命になってくれるから」


「そっか」


「うん」


でも、今は気にかけてるだけ。


「光?」


「何?雅姉?」


「大好きだよ。だから、絶対に光にも大好きって言わせて見せるから。
早く誰を選ぶか決めてね」

「私の妹達と姉達はシスコンすぎる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く