私の妹達と姉達はシスコンすぎる

夜空星叶

雅姉

私は、瑠美姉から殺気を感じたので取り敢えず真弥を帰らせた。


「光、話があるから私の部屋に来て」


雅姉が言った。


「うん、分かった」


私は、階段を上がり雅姉の部屋に入った。


「雅姉、どうしたの?」


「光、嘘ついたでしょ? 瑠美姉、怒るとヤバイよ? 特に光については」


「何でいつも嘘って分かるの?」


「秘密」


「雅姉、助けて」


「条件がある」


「うん、いいよ」


「私と恋人役を演じて」


「うん、わかっ、えっ⁈」


「うん、一時間だけ」


「わかった」


「じゃあ、いくよ」


私達は階段を伝って瑠美姉達がいるリビングへ行った。


「光ちゃん、真弥さんと付き合ってるって本当なの? 光ちゃん、そっちだったの?」


「何を言ってる、光は私と付き合ってるのだぞ。真弥には協力してもらっただけだ。
しかも、お前間違いなく真弥をシメに行こうとしてるだろ」


「うん、光ちゃんにつく害虫は全て排除する」


「私もか?」


「あんたもよ」


「上等」


「やるの?」


「ああ、やろう」


「光の誕生日」


「5月6日!」


「光が初めて歩いた日」


「9月4日」


「光のファーストキス!」


「光ちゃんが6才のときの3月18日!」


「不正解、答え5才のときの8月8日。相手はだ~れ?」


「私?」


「私でした~」


「光ちゃん本当なの?」


あんな質問されたけど意味わかんない。


「私が勝ったから一つ言う事をきいてもらう。今日あったこと全て水に流せ。」


「光ちゃんに恋人がいることも?」


「今からは、光に恋人はいない何にもない。
今日は、夢だった。」


「分かった」


助かった。でも、まだ嫌な予感がする。



「私の妹達と姉達はシスコンすぎる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く