私の妹達と姉達はシスコンすぎる

夜空星叶

学校

私達はご飯を食べ終えて、私は瑠美姉の手伝いをして学校に行く準備をした。


「行ってきます。」


「光ちゃん理奈行ってらっしゃーい」


私と理奈はいつも一緒に登校する。


理沙は、二年生にしてソフト部のエースだ。
この学校は、朝練が無いのに毎日朝早くから学校に行って練習してる。


また、試合見に行こう。


私が色々思ってると急に理奈に腕を組まれた。


腕を組まれると歩きにくい。


「理奈歩きにくい」


「じゃあ、これでいい?」


手を繋いできた、恋人繋ぎみたいな感じ。


「理奈、そろそろ彼氏作ったら?
毎日の様に告白されてるでしょ?」


理奈は、ハッキリ言ってモテる。
姉妹の中で二番目に。


一番目は決まって瑠美姉だ。


まぁ、瑠美姉の事は置いといて。


「彼氏なんかいらないもん、私には好きな人がいるし。私はたらしじゃないもん。」


好きな人?


「好きな人いるの? その人は理奈の事好きなの? 」


話していると学校はすぐそこだった。


「知らない!毎日アプローチしてるけど鈍感らしいから。」


そう言って走って行った。


「はぁ、私何かしたかな? いつもだとギリギリの所まで一緒なのに・・・」


私が一人で呟いていると


「何言ってんの?光、最近可笑しくなったね
理奈ちゃんは、多分反抗期だよ。それか、好きな人にイライラする事を言われてるとか。



真弥まや!聞いてたの?」


真弥とは、私の親友の神谷かみや真弥
色々とお世話になっている。


「うん、当たり前。喋らなくても分かるよ。
光の事は何でもお見通し。」


「そうなんだ。後それ何回も聞いたから。」







「私の妹達と姉達はシスコンすぎる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く