大好きな君は

夜空星叶

続いて行く日常

「晴江ちゃん起きて」


「ううん、んー」


目を冷ますと愛しい君がいた。


「捺加おはよう」


「おはよう」


「晴ちゃん〜!!!!」


あいちゃんの声。


や、ば、い、か、も























る。




「あいちゃんおはよう」


「な、な、なんで、、松田さんの部屋に晴ちゃんが、、」


「捺加と寝たから」


「わぁ、わぁ、私の晴ちゃんが」


あはははは。


「松田さん?覚悟はよろしくって?」


「ええ、もちろん!私と晴江ちゃんは幼い頃に将来を誓った中。貴女に入る隙はありませんよ?」


「くぅぅやぁぁしぃぃくなぁいもぉんねぇ」


大人気ないな。


「大人気ない」


「晴ちゃん?今なんと?」


「晴江ちゃん!はいこれもって」


渡されたのは制服。あーあそう言うことか。逃げるよってことね。


「大人気ないって言ったのよね〜?晴江ちゃん?」


「・・・」


「まちなさぁいね?」


あいちゃんが追いかけて来る。


私達はお互いに手を取り合って逃げる。


こんなのが毎日続くんだろうな。


「捺加!ずっと好きだからねっ!」


「晴江ちゃん!」


私達の関係もっ☆

「大好きな君は」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く