大好きな君は

夜空星叶

同姓同名

松田さんが引っ越してきて一日目。


私は、松田さんの部屋の片付けをしている。


「松田さん、このダンボール開けていい?」


「うん、いいよ」


私は、ダンボールを開けて片付ける。


ダンボールの中には、服が沢山入ってて、下着なども混ざっていた。


私はそれらを全て片付けた。


松田さんの動きが止まっていた。


「松田さん、何してるの?」


私は、松田さんに問いかけた。


松田さんは、素早く何かを隠した。


アルバムっぽいのと、写真立てだった。


あまり見えなかった。


私と松田さんは、全ての物が片付け終わったので、休憩する事にした。


「松田さんはどこに住んでたの?」


私がそう聞くと、松田さんはこう答えた。


「○○市の××町」


私は驚いた、だって、自分が住んでいた所だもの。


同じ町に捺加ちゃんと同姓同名がいる訳がない。


うん、そうだよ。きっと同姓同名に違いないんだ。


私はそう思い込んだ。

「大好きな君は」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く