大好きな君は

夜空星叶

本当

晴江ちゃんに私の事憶えてないって言われて凄いショックだった。


晴江ちゃんが私の事憶えてる事を信じてお嬢様校に来たのに。


「はぁ」


「どうしたの?松田さん、ため息何か吐いて」


「何にも無いよ。ただ」


「ただ?」


「何にもない、晴江ちゃんが私の事を憶えてないから」


「松田さんの事?」


私達が話していると先生が私達を呼んだ。


「晴ちゃん、松田さんちょっと来て」


「なあに、あいちゃん」


さっきから、あいちゃんだの晴ちゃんだのどう言う関係なんだ?


「はい」


「あのね、とても悔しんだけど、松田さん寮暮しでしょ?
で、ここの寮はクラスごとだから私と晴ちゃんと松田さんの3人の部屋になるの」


先生は、何かイライラしているのか段々言う事が意味不明になって来た。


「えっと、つまり、私と晴江ちゃんと先生の3人で部屋を分けないといけないって事ですか?」


「そうです。部屋は3部屋あるんだけど・・・、晴ちゃんとイチャイチャ出来なくなっちゃう」


「あいちゃん、元気出して」


本当にどう言う関係なのだろう?


お互いニックネームで呼びあってる事に少し嫉妬してしまった。

「大好きな君は」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く