大好きな君は

夜空星叶

晴江の過去

「おとうさん、やめて〜」


「うるせ〜な、黙って殴られてればいいんだよ!」


うちのお父さんは、酒飲みで仕事をしてなかった。


毎日家にいて、母に仕事をしてもらって私達三人は暮らしていた。


お父さんは、母への寂しさを紛らわすために私に暴力をふっていた。


私は、毎日毎日が怖くて、早く逃げたかった。


ある日、私がお父さんに殴られていたのを仕事が早く終わった母が目撃した。


そして、離婚となった。


それでも私は、男の人が苦手で、怖かった。


喋りかけられるだけでないてしまう。その位父の暴力は酷かったのだと、それを見て母が言っていた。


それでも、父の暴力から逃げなかった。理由は、私が泣くと母が困ってしまう。


何より、その事を母に言うと引っ越す事は目に見えていた。


折角好きな子が出来たのに離れたくなかった。


髪の毛が長くて、目が優しくて、笑うと可愛くて。


また会いたいな。

「大好きな君は」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く