大好きな君は

夜空星叶

別れ

ーー晴江はるえちゃん、大好き。


私も好きだよ捺加なつか


ーーーー


久しぶりにみた、私の好きだった人の夢。


小さい頃にあった夢。


夢夜ゆめや晴江、15歳。


高校一年生だ。


今さっき夢に出てた人の名前は、


松田まつだ捺加だ。


私と捺加は、私の両親の離婚の所為で一緒にいれなくなってしまった。


私と母が引っ越したから。


でも、私は、ずっと好きだった。


いつもニコニコしてて、元気で、健気な捺加が・・・。


今はどうかわからない。


でも、変わってないといい。


これは私の願望だ。


記憶は薄っすらとしか覚えてないが、本当に好きだったのは確かだ。




私は、考え事をしている余裕がない事に気付き、身支度をした。


部屋から出ると、母親の姿がなかった。


私の家は母子家庭で、女一つで私を育ててくれた。


父は、私への暴力が激しく、母はずっと働いていた。


ある日、私が父に殴られているのを見て母は私を連れて、父の元から去った。


捺加に何も告げづに。


父から殴られていたのを境目に私は、男性恐怖症になってしまっていた。


そして、私は、女子小中高大のエスカレーター式の学校へ行く事になった。





「大好きな君は」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く