え?本気で私、女の子好きになっちゃった!

夜空星叶

最低だ。

「ひーくんの馬鹿」


「夏美」


ひーくんの声じゃない。この声は、凛だ。


「凛」


「大丈夫?」


凛が私を抱きしめる。暖かくて落ち着く。


「凛……凛っ!」


「私はここにいるから大丈夫だよ」


「うん……っ、ありがとっ!」


凛は何も言わずに、ただ優しく抱きしめてくれた。


私は、凛を裏切ってしまったのに。


「瞳と一緒にいると胸が痛くなってくるしくなるの。私おかしくなったのかな?」


「夏美は、おかしく無いよ」


「でも、赤石さんとひーくんとの噂を聞いた時、凄い苦しくて、イライラして。絶対私おかしい」


「夏美が相川さんといてくるしいのなら、おかしいと思うのなら、夏美は私を、私だけを見ててくれればいい。そんなになる夏美はみたくないっ!」


初めて、凛は私に気持ちを伝えてくれた。


その事が、凄い嬉しかった。


「ありがと、凛」


「うん」


***


屋上のドアの前。


少し開けると声が聞こえた。


「夏美が相川さんといてくるしいのなら、おかしいと思うのなら、夏美は私を、私だけを見ててくれればいい。そんなになる夏美はみたくないっ!」


なんでそんなこと言うんだよ!


ああ、なんでこんなことになったんだろう。


俺はその場から立ち去るしかなかった。


知らない内に夏美を泣かして、傷つけて。


俺、本当に最低だ。

「え?本気で私、女の子好きになっちゃった!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く