え?本気で私、女の子好きになっちゃった!

夜空星叶

学校案内

「ここが、音楽室で俺たちが使ってる所ね」


さっきから、場所を案内してるのに肝心の赤石さんは上の空。


「相川さん、好きな人とかいるんですか?」


「なに?急に」


突然聞いて来た。てゆーか、俺にそう言う事を聞く人ってあれなんだよな。


「なんでもないです。ただ、ちょっと相川さんの事が知りたくなっただけで」


「そうならそうって言ってくれればよかったのに」


「聞こうとしても、相川さんずっと窓の外をみてるんだもん」


「あー、ごめんね、そん時さ考え事してたから」


「それって、夏美さんの事に関してですか?」


「なんで、夏美の事だと思う?」


「女の勘?それに、私に学校案内する前ずっと夏美さんのことを気にしてたから」


「あー、そっか」


「だから、好きな人を聞いてみたの」


性格悪そうだけど気の所為かな。


「赤石さんは好きな人いるの?」


「うん、今日出来たばっかりだけどね」


「そうなんだ。誰なの?」


「教えて欲しい?」


「教えたく無いのなら深く追求はしない」


赤石さんは、周りを見渡して俺の腕を引っ張り耳に口を近付ける。


「教えてあげない。あと、私のこと名前で呼んで?」


そう言った。周りにはちらほらと人がいた。


他の人からみれば、イチャイチャしてるようにしか見えないと思う。たぶん。


ってゆーか、これ、見た人が噂を広めて夏美の耳に入ったら。


どうなるんだろう。



「え?本気で私、女の子好きになっちゃった!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く