私の妹達と姉達はシスコンすぎるpartツー!

夜空星叶

赤点、悩み事

「んー」


時計を見ると時刻は12時前だった。


「もうこんな時間か…」


私は重い体を起こし、リビングに向かった。


リビングに行くと、瑠美姉が珍しくテレビを見ていた。


「あ、光ちゃんおはよ」


「おはよ、ねぇ瑠美姉」


「どうしたの?」


「えっとね、お腹すいたからなんか作って?」


私は、お腹を抑えて腹ペコジェスチャーをした。


「はーい、すぐにできるから待っててねー」


瑠美姉は、トタトタっと颯爽にキッチンに向かった。


私は、瑠美姉の近くにより、気になることを聞いた。


「瑠美姉なんか悩み事?」


そう聞くと、瑠美姉は一瞬目を泳がした。


「え。なんで?私ってそんなにわかりやすい?」


「分かりやすいと言うか、なんかさ。


瑠美姉って普段、テレビ見ないじゃん?だから」


私は苦笑いをしながら言った。


「テレビだけで判断?」


「うん」


瑠美姉は、静かに笑った。


「さすが光ちゃんだね」


「ありがと」


「悩み事はね、咲の事なんだけど。


なんか、今回色々あったじゃない?だから勉強が頭に入らなかったらしくて、見事赤点ゲット。プラス補修なの。


どうしたらいいかなって」


私は、瑠美姉の悩みを聞いたのはいいけど、なんかなんて返したらいいか分からない。


「普段のテストは?」


「いつもだと、90点以上なんだよね」


90点からの赤点って極端すぎる。


「極端過ぎない?」


「いつもそうなの」


「まぁ、普段は優秀ならすぐ元に戻るでしょ」


「それもそうだね、あ、ご飯できたよ」


「はーい」


*****




「ただいまー」


私が食べたものの食器を片付けていると、玄関から理奈の声が聞こえた。


玄関に迎えに行くと、雅姉もいた。


「お帰り、なんでビチョビチョ?」


「久しぶり、光」


「この人の所為でビチョビチョ」


「タオル持ってくるね」


そう言って、私はタオルを取りに行った。






「はい」


もー、風呂入るって嘆いている理奈。


その横でケラケラ笑う雅姉。


「光ありがとね」


「光姉ありがと。私風呂入ってくる」


理奈は自分の匂いを嗅ぎ「くさ」っと雅姉を睨んだ。


「光、悪いけど私の着替え持ってきてくれないかな?」


「うん、わかった。ジャージで良い?」


「持ってきてくれるならなんでも」


私は、走って雅姉の服を取りに行った。


言われていないが、下着も。

「私の妹達と姉達はシスコンすぎるpartツー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く