私の妹達と姉達はシスコンすぎるpartツー!

夜空星叶

瑠美姉の気持ち

「光ちゃん」


それは、理奈の件があった一週間後の話だった。


休日、リビングでゆったりしてたら、瑠美姉から突然話しかけて来た。


「どした?瑠美姉」


瑠美姉は深刻そうな顔をしながら、話の順序を考えてるように見えた。


「私、今日。咲に返事しようと思う」


瑠美姉がどんな返事をするかわからない。
だけど、幸せになってくれることをただただ願うだけの私。


「うん、頑張って。きっと緊張するだろうけど。瑠美姉なら大丈夫」


「ごめんね。真弥ちゃんが咲の事を好きって分かってるけど、やっぱ譲れないし。もう自分の気持ちに嘘つかなくていいかな?って。光ちゃんのことを好きなのが嘘って訳じゃないよ、決して。でも、この前の咲の告白で気付いたことがあって、光ちゃんよりも咲のことが好きだって。
前までは、幼馴染だから、とか、咲の気持ちを知らなかったからずっと気持ちを閉じ込めてたん
だ。だから。咲に返事をするよりも先に光ちゃんに話したかったの」


瑠美姉は真剣に話をしてて、本当に瑠美姉が幸せになってくれるならなんでもいいと思った。


「うん、早く行ってきなよ!絶対咲さんも待ってるから!」


「うん!行ってくる!ありがとね、光ちゃん」


***


咲の家のインターホンを鳴らす、緊張で手が震える。


『はーい』


ガチャ


「あ、るーちゃん。」


「咲、話があるんだけど。いい?」


「いいよ、中入って」


緊張で心拍数がヤバイ。


「うん」








「この前の返事なんだけど」


「うん」


私がそー言うと、咲は、目を逸らした。


「私も咲が好き」


「え?!うそ」


咲は両手で口を隠して、目を見開いた。


「ほんと」


「夢じゃないよね?」


「うん」


そして、急に咲は目を抑えた。


肩が震えていたので、私は緊張した手で、そっと咲を抱きしめた。


「どこにも行かないでね」


「うん」


「それで、さ。私疑問に思ったんだけど、これで二人ともお互いのこと好きって分かったじゃん?この後は?」


「あ、るーちゃん。」


咲はそー言って、真っ赤になった目で、


「るーちゃん。好きです。付き合ってください」


「うん、今日は大事な日だね。ありがとね咲」


今日は、私達にとって一番大事な日。


でも、もっと大事なのは、この手をずっと離さない事。


私はそっと、咲にキスをした。

「私の妹達と姉達はシスコンすぎるpartツー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く