転生して進化したら最強になって無双します

hatuki

75話 EXダンジョン⑤

眠いので、ぱっと書いて寝ますね




今はハルが作ったご飯を食べ終わったとこだ

ハル「はぁ、美味しかった」

ピクシー「はい!こんな美味しいもの初めて食べました!」

「ご飯だべるのじたい初めてじゃなかった?」

「そうでしたね」

「そんなことは置いといて、お風呂入ったら続き進もう」

「そうですね」

そしてお風呂に入り少ししてテントを出た
ちなみにお風呂は露天風呂だったよ
景色は時空魔法で絶景をガラスから見えるようにした感じだよ

「さて進みますかね」

《そうですね》

ちなみにピクシーはハルの中に戻ってるよ

「さて、今度はどうやって進もうかな?」

《好きなようにやっては?》

《じゃあ、めんどくさいし言霊で階層を殲滅して進も、アニメ見ながらね》

《そうですか》

そしてまた言霊でどんどん進んで行った
そして10階層のボス部屋まで来た

《なんか広くなってる気がする》

《広くなってますよ》

《やっぱりね、1階層上がるのにアニメ4話分かかるよ、最初は2話分くらいだったのに》

《ボス部屋事に階層が2倍の広さになります》

《広すぎるよ、移動早くしないとね》

今はだいたい10キロくらいの速さで歩いてます
いや、早歩きです

《そうですね、このまま上に行くと、1階層で1週間くらいかかりますね》

《そんなに、じゃあ適当に身体強化かけたらいいかな、じゃあボス部屋入ろ》

そしてボス部屋へ入って、お馴染みの鑑定をした
{作者 90階層まで上がる倍数は78倍になります}

[名前] EXオーク
[年齢] なし
[種族] なし
[性別] なオス
[職業] ダンジョンモンスター
[レベル] 30420000000000000
[HP] 304200000000000000000000000000/304200000000000000000000000000
[MP] 36504000000000000000000000000/36504000000000000000000000000
[物理攻撃力] 30420000000000000000000000000000
[物理耐性] 547560000000000000000000000000
[魔法攻撃力] 486720000000000000000000000000
[魔法耐性] 781700000000000000000000000000
[素早さ] 23412000000000000000000
[運] 30
次のレベルまで:exp 
[称号] 10階層レアボス
[魔法] 
[通常スキル] 
咆哮Lv10
剣術Lv10
精力付与Lv10
[特殊スキル]
EX補正
------- 
[加護] 
なし

{スキル説明
精力付与、女性に付与すると強制的にえっちい事をしたくさせる}

ハル《うわぁ、スキルに恐ろしいのある、さすがオーク》

《気持ち悪いですね、吹き飛ばしましょう、いえこの世から消滅させましょう》

《そうだね、『終焉魔法 消滅』》

黒い玉が飛んでいき、オークに当たると跡形なく消滅した

《女の子の敵は即成敗だ!》

《はい》

《よし、決めゼリフもOK、じゃあレアドロップみよ》

《何してるんですか(笑)》



じゃあおやすみ
眠いので変かもです

「転生して進化したら最強になって無双します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • hatuki

    貴島白さんってクラス転移の次は転生ですかの作者さんだったんだ、しらなかった、

    名前出してすいません

    3
コメントを書く