転生して進化したら最強になって無双します

エルナ・アストル

64話 新学年③

今は全員の自己紹介を終えたとこだ

ストルナ「じゃあ取り敢えず今日の予定を教えるね、今日は午前中で終わりになりますだからもう終わりだね、明日からは普通に授業があるからそのつもりでもし何かあったら言ってね、じゃあ今日は解散また明日ねー」

そしてみんな荷物をまとめて帰っていった

テレス「ベル君一緒に帰ろ?」

ベルド「いいよ」

テレス「やった!」

ベルド「どこか寄ってく?」

テレス「いいよ!ミーファもレミアも大丈夫?」

ミーファ「私は大丈夫だよ」

レミア「私も」

テレス「じゃあ決定!」

ベルド「どこに行く?」

なぜテレスは王女なのにこんなに自由に動けるかだが
本来ならクラスの生徒やほかのクラスの人も周りにいるのが基本だ
だがそれは無くなった、理由は簡単1つ目はベルドが仲良くしてるのが気に食わなくて決闘を申し込みベルドに尽くボコられたりした
2つ目はテレス本人が強力な攻撃魔法を無詠唱で打てるからだ
それは明白で試験の時に使う的は勇者でもギズしか付けれないが
それを無詠唱の魔法で吹き飛ばし無詠唱の魔法は詠唱有りより弱くなるそれを見た人はテレスがもし機嫌を損ねたらその魔法が自分に来るのを恐れて近寄らない、だが誰も近ずかなければボッチだが本人曰く「静かになったからいいよ、私にはベル君やミーファにレミアがいるからね」だそうだ。
そして3つ目はベルドが一緒にいるからだ、国王はベルドの強さを知っているからベルドが一緒ならどこに行ってもいいとの事
随分と軽い国王だがそれだけベルドを信頼しているのだろう

テレス「適当にぶらぶらして何かあったら見る感じでいいんじゃない?」

ミーファ「いいけど、テレスお金は大丈夫なの?」

レミア「私もそれは心配」

テレス「大丈夫だよ、ベル君が払ってくれるから!」

ベルド「僕が払うんだね!」
(まぁいいかお金有り余ってるし)

テレス「やっぱりダメだった?」

ベルド「別にいいよ?欲しいのがあったら買ってあげるよ」

テレス「やった!ミーファもレミアも早く行こ!」

ミーファ「分かった」

レミア「そんなに急がなくてもいいじゃん!」

ベルド「あ、ちょっと待って」

テレス「どうしたの?」

ベルド「これを渡そうかと思って……はいこれ」

渡したのは今無限収納の中で作ったアイテムバック、バックと言うか肩掛けポーチ?鞄?を渡した

{説明
アイテムバックとはアイテムボックスと言うスキルのポーチ版だ
ちなみに渡したポーチの容量は無限そして持ち主登録が付いていて
この持ち主登録はこの4人以外は本人が認めない限り持てない}

テレス「これは?」

ベルド「アイテムバックだよ、買い物行くなら荷物が多くなるからそれに入れたら動きやすいしね」

テレス「そうなんだ、どのくらい入るの?」

ベルド(さすがに無限って言ったらまずいよね?)

《はい、確実に無限に入るアイテムバックやボックスはこの世界にはありません、あるとしたらマスターの無限収納だけです》

《じゃあ誤魔化したらいいよね?》

《はい、適当にたくさんはいるよ、とでも言っておけばいいでしょう、それとハルさんに貰ったといえばなんとかなるでしょう、
今は謎の強い人で通ってるので》

《なるほど分かった》

ベルド「たくさんはいるよ、僕もハルさんにテレスさん達に渡してって頼まれただけだから容量までは詳しくは聞いてないけどたくさんはいると言われただけだから」

テレス「そうなんだ、また会ったらお礼言わなきゃね」

ミーファ「そうだね、本当あの人不思議」

レミア「確かにね、こんなのどこで取ってくるんだろ」

ベルド「さぁ僕も聞いたけど教えてくれなかったから分からないよ」
(まぁそんなのこの世界にあったら戦争やらなんやらがおきかねんな)

テレス「でも要らなくない?私達にはこの指輪があるんだし」

指輪のことを言っている

ベルド「指輪の方は武器や食料などの非常事態に対応できるものなどを入れて置いて、今渡した方は買い物で買ったものなどを入れたらいいよ」

テレス「なるほど、そういう使い方をしたらいいのね」

ベルド「そういうこと、じゃあとりあえず行こうか」

テレス達「うん!」

そして街へ出た

「転生して進化したら最強になって無双します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 小鳥遊 悠希

    シュガーソングとビターステップは、いい曲だったなー

    0
  • ノベルバユーザー294338

    回線

    0
  • ノベルバユーザー240775

    もはやパクり

    0
コメントを書く