転生して進化したら最強になって無双します

hatuki

61話 孤児院 ④

小説(この作品って小説なのかな?小説の定義がわからん)を書いてる時や読んでる時はもう1つの端末で音楽流しながら書いたり読んだりしてるんだよ、それでその音楽を流してるアプリにある再生リストに入ってる曲が現在621曲になってる笑
平均1曲約5分くらい、だからね1日中流しても一周しない笑
ちなみになんの曲が入ってるか謎です笑
ほとんど忘れています、またにこんな曲入ってたんだってなります。

孤児院編は多分今回で終わりになります

学校のこと完全に忘れていたので、次回から学校が始まる事にします




あれから訓練場の鑑定用の魔法具のとこに来た

ベルド「この水晶が適性とステータス見れる魔法具だ、右のが周りにも見える方で、左のが個人だけ見れるやつだよ、文字が読めない子は右ね、じゃあ最初は誰だ?」

フルガ「俺がやってみる!安全確認として」

ベルド「危なくないけどな、分かった、どっちでやる?」

フルガ「みんなにも見える方で、俺はほとんど文字が読めないからな」

ベルド「そうなのか、じゃあこの水晶には触ってくれ」

フルガ「分かった」

そしてフルガは水晶し触って1秒もしないうちに、結果が出た
結果は
[名前] フルガ
[年齢] 5
[種族] 人族
[性別] 男
[職業] なし
[レベル] 3
[HP] 120/120
[MP] 50/50
[物理攻撃力] 100
[物理耐性] 55
[魔法攻撃力] 25
[魔法耐性] 50
[素早さ] 20
[運] 70
次のレベルまで:exp 
[称号] なし
[魔法] 火 光
[通常スキル] 
棒術Lv3
剣術Lv2
[特殊スキル]
なし
------- 
[加護] 
剣神の加護Lv1
魔法神の加護Lv1

フルガ「どうだ?」

ベルド「その歳にしては強い方だな、魔法は火と光だな」
(後でみんなに僕の加護付けといてやるか)

フルガ「どんなことが出来るんだ?」

ベルド「そうだな火はてから火が出せたりするな、こんなふうにな」

手に火を出した

フルガ「おぉ!これが出来るようになるの?!」

周りの子供達もはしゃいでる

ベルド「そうだな、魔力操作を覚えてから、詠唱も覚えないといけないな、詠唱は勉強の時に教えてもらいると思うぞ」

フルガ「ベルドにぃは詠唱したの?何も言ってなかったけど」

ベルド(なんか呼び方変わってる、まぁいいか)
「これは無詠唱ってやつだな、無詠唱は詠唱しなくても魔法が打てる、怪我した子達を治した時も、その子達を運ぶ時も全部無詠唱で魔法を使ってたんだよ」

フルガ「俺も出来るのか?!」

ベルド「頑張れば出来るな、テレス達もまだ中級までしか無詠唱出来ないからな」

フルガ「テレス達って誰なの?もしかして彼女?」

ベルド「そうだよ、正確には婚約者だけとな、またいつか連れてくるよ、歳は僕と同じだよ」

フルガ「そうなんだ、じゃあそのテレス達はどのくらい魔法が使えるの?」

ベルド「どうだったかな、確か超級まで使えるのかな?階級は教えて貰ってね、僕が説明するより教えて貰った方がわかると思うから、あとテレス達って気軽にみんな呼んでるけどテレスって子は王女だからね」

フルガ「王女様と婚約してるの?!ベルドにぃ何者?!」

ベルド「そうだよ、何者かはまだ秘密!勉強で身分のことを習うと思うからその時に聞いてみな、教えてくれると思うぞ」

フルガ「分かった」

ベルド「じゃあ、次見たい人誰だー」

そしてみんな手を挙げた

ベルド「そんなに慌てなくても、1人ずつな」
(これは数を増やさないといけないかもな)

そしてどんどん鑑定して行ってみんな周りにも見れるほうを使った

ベルド「じゃあ、屋敷の方に戻ろうか」

そしてみんな「うん」と言って戻った

ベルド「じゃあそろそろ帰るね、また来るよ」

理由は鑑定で物凄く時間がかかったから

フルガ「また来るんだよね」

ベルド「あぁ、暇だったら来るよ」

フルガ「分かった、じゃあまたねベルドにぃ」

そしてみんなに加護を渡して家に帰った

加護の内容はLvはもちろん∞効果は
レベルが上がりやすくなって、魔法やスキルの習得率が上がりLvも上がりやすくなる
そして加護が付いてるかどうかはベルド以外には見えない
命の危機の時にベルドに報告が行く
そしてどこにいるか分かるようになる

《そう言えばピクシー、何か珍しい魔法やスキル持ってた子はいた?》

《そうですね、1人空間魔法の適性の子が居ました》

《へぇ、珍しいんだよね?確か》

《はい、1000000分の1の確率で持ってる人がいます》

《へぇ、そんなに少ないんだ持ってる人、他に珍しい魔法や種族限定魔法ってあるの?》

《そうですね、まず珍しいものから 時間 時空 音 魅了ですねこの当たりも空間と同じくらいの確率です、時空は時間と空間を合わせ持ち確率は時間魔法の倍ですね、次は種族限定魔法は 血魔法 獣魔法 龍魔法 自然魔法だったりですね種族限定魔法は沢山あるので選別しました》

《そうなんだ、ありがとう、自然魔法って何の種族が使うの?》

《自然魔法はエルフですね、その中で限られた者のみが使えます》

《そうなんだ、効果は?》

《効果は、自然に関することならほとんど出来ますね》

《また凄い魔法だな》

《ちなみにマスターも使えますよ》

《まぁ、うん何となく察してた、他の種族限定の魔法も使えるんでしょ?》

《はい、魔法やスキルで出来ないことは無いので》

《そうだったね、そう言えば明日から学校か、何か暇潰しになることあるといいな》

そして次の日になった



今回の誤字で1番驚いなのは水晶に触ってくれが割ってくれになってた笑
最近目が悪くなってきた気がする

「転生して進化したら最強になって無双します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く