転生して進化したら最強になって無双します

エルナ・アストル

58話 孤児院へ勧誘

今はスラム街の入口みたいなとこにいる

ベルド(さすがにスラム街だけあって荒れてるな)

《このスラム街は通常のスラム街より荒れてますね》

《そうなの?なんで?》

《理由は簡単で王都だからです、王都は人も沢山いてその中に冒険者の人がいます、そしてその冒険者が戦死してその人の子供が残ってしまい身寄りの無い子供達が皆ここに来ますから》

《へぇじゃあほかは?》

《他は親戚に引き取られたり近所の人に引き取られたりですね、そして身寄りの無い子供たちは災厄の場合奴隷商人に捕まります、そしてスラム街にいる子達も奴隷として連れていかれたりします》

《じゃあ速急に何とかしないとね、ここには何人くらいいる?》

《ざっと150人くらいです、ここではないとこですと50人くらいですね》

《意外と多いから部屋がギリギリだ、後で数倍に増やしておこ》

今は一部屋に10個ベッドが置いてある、そしてそれが計20部屋あり合計200人入れるとこを
増やし方は空間魔法で部屋を広げベッドなどを増やす単純なやり方だ
そして倍後は一部屋に50個ベッドを置き計1000人入れるようにする、その為に屋敷を全体的に空間魔法で広げないといけなくなる

《どうやって集めたらいいかな?》

《簡単な方法は2つです》

《それは?》

《1つ目はスラムの子に説明して宣伝してもらう、2つ目はスラム街全ての子供を強制転移させるです》

《1つ目はいいけど2つ目は確実に怖がらせちゃうでしょ?》

《そうですが、楽ですよ?》

《そうだけど、可哀想だから1にしよう》

《じゃあ適当に子供を見つけないとですね》

《そうだね……っと誰か来た》

ベルドの元に3人の男の子が来た

子供1「おいお前、ここに何しに来た」

ベルド「来た理由は孤児院を作ったから勧誘しに来たんだよ」

子供2「嘘だ、孤児院はちょっと前にこの国の王様が取り壊したはずだ!俺はその孤児院にいたから知ってるぞ!」

ベルド「その孤児院を新しく作り直したんだよ」

子供3「ホントなのか!」
子供1「おいケイ、話に乗るな嘘だったら捕まるぞ!」
ケイ「ごめん」

ベルド「確かめに来る?設備はもう全て整ってるよ?」
(あ、そう言えば訓練場みたいなの作ってないや、まぁ後でいいか)

《それでしたら分身を送って作ったらどうですか?》

《あ、いいねでも子供たちの前だしどうしよう》

《認識阻害をつけた状態で発動しますと、見られませんよ》

《なるほどね、じゃあ『分身 効果発動 認識阻害』》

そして約1m位先に分身が出来た

〔分かってるよね?分身の僕〕

〔あぁ、本人と変わらないからな、じゃあ終わったら戻るね〕

〔分かった〕

そして転移して孤児院に行った

子供1「分かった、お前名前は」

ベルド「ベルドだ、一応家名もあるけど長いから今はなしでいいよね」

子供1「うん、俺はクスラだ」

ベルド「クスラくんが行くのは君だけでいい?」

クスラ「あぁ、フルガとケイもし俺に何かあったら妹や仲間たちをよろしくな」

フルガ「分かった、気をつけろよ」
ケイ「気をつけろよ」

ベルド「そんなに心配しなくてもいいじゃん、僕をなんだと思ってるの?」

フルガ「悪い人」

ベルド「酷いな(笑)僕は10歳の学生だよ」

フルガ「子供なのか、じゃあ連れてってくれ」

ベルド「おっけー、じゃあつかまって」

手を出した

フルガ「どうして?」

ベルド「いいからいいから」

フルガ「わ、分かった」

ベルド「じゃあ行ってくるから待っててね、すぐ帰ってくるよ」

そして転移した

フルガ「な、なんだ!」

ベルド「これは転移というスキルなんだ、行ったことあるとこに一瞬で行ける便利なスキルだよ」
(僕のはスキルじゃなくて魔法だけどね)

フルガ「そうなのか、お前凄かったんだな」

ベルド「今更かい?」

フルガ「ここが孤児院なのか?」

ベルド「そうだよ、入ってみな」
(あ、分身戻った、分身の方が作業が早いのはなぜ?)

そしてベルドとフルガは孤児院の門をくぐった

フルガ「で、でっけぇ!」

ベルド「そうだろ?」

フルガ「なんで建物が3つあるんだ?」

ベルド「真ん中のが君たちが生活する場所まぁ主に勉強したり本を読んだりご飯食べたりお風呂入ったり寝たりだな」

フルガ「勉強教えてくれるのか?!」

ベルド「しっかり教えてもえるぞ?教える人はもう建物の中にいると思う」

フルガ「本とかご飯とかお風呂とか寝るとことかは?!」

ベルド「本は書庫があるからそこから好きなだけ読みな、ご飯は好きなだけ食べれるよ、そしてお風呂は好きな時に毎日入れる、そして寝るとこはベッドが人数分ある」

フルガ「好きなだけ読みなって、俺たちほとんど文字読めないぞ」

ベルド「じゃあ覚えたらいい、教えて貰えるんだから頑張れば学校にだって行けるぞ!」

フルガ「学校?!ほんとに行けるのか?!」

ベルド「お前らの頑張り次第だな」

フルガ「分かった頑張ってみる!じゃあその左にあるのは?」

ベルド「あれは訓練場だ、あそこで剣術や体術まぁまとめて戦い方を教えてもらえる、そしてその横にあるのが魔法の訓練場で魔法を教えてもらえる」

フルガ「魔法?!魔法が使えるようになるのか?!」

ベルド「適性があればだけどな、適正さえあれば頑張り次第で使えるようになる」

フルガ「そうなのか、みんなも喜ぶだろうなみんな憧れてるみたいだから」

ベルド「じゃあ教えくれる人にお願いしないと、あとは中も見てくか?」

フルガ「うん、見せてくれ」

ベルド「分かった、じゃあしっかり着いてこいよ」

フルガ「子供扱いすんなよ、お前も子供だろ?」

ベルド「そうだけど、僕の方が偉いからな!ハハハ」

そして屋敷内に入った

「転生して進化したら最強になって無双します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く