転生して進化したら最強になって無双します

hatuki

56話 孤児院の設備を作成

今回は短くなることをここで報告します、1000文字は超えるけどね!
理由は2作目をサボってたので、そっちを頑張ります笑
予定では今日の夜0時に投稿される予定ですよ!




戦線協定を結んだあと  

ボルト「テレス達も王妃になるのか、嬉しいな!」  

ベルド「そうか僕、国王になるのか」

ボルト「そうだぞ、儂と同じ立場になるな、もしかするともっと上かもだかな」  

{国王で立場か上というのは、国の広さ、兵力、財力、この全てが上回ると、その国が上になります}

ベルド「そうですかね?」

ボルト「3つ全てにおいて、圧倒的だろ?」

ベルド「それは否定しませんが、財力だけは負けるわけないですが」

ボルト「そう言えば、ずるい魔法道具、持ってたな、今どのくらいなんだ?」

ベルド「そうですね、0が多すぎて、表す表記が無いですね」

《ピクシー、新しいお金って作れるの?》

《はい、神様の所に行ったら作れると思いますよ》

《なるほど、でもこの世界ではどうなるの?》

《この世界では、聖女が神様の声を聞いてそれが世界に広がり、普通になっていきますね》

《へぇ、聖女がね、それってどのくらいで世界に広がるの?》

《約1ヶ月くらいですね、聖女がいる所から一番端の国とかは伝わるのに時間がかかるので》

《へぇ、いつか、通信魔法道具でも作ったら、便利だね、いつか作ろ》

ボルト「そんなにか!大黒金貨が大量か凄いな」

ベルド「はい、そんなにあっても使いませんがね笑」

ボルト「そうだろうな、オークションでしかそんな大金使わないからな」

ベルド「オークションって次いつあるんですか?」

ボルト「そうだな、最近あったから、まだとうぶんないと思うぞ」

ベルド「そうですか、次のオークションの時教えて下さい」

ボルト「分かった、何か買うのか?」

ベルド「いや、まだ行ったことないんで、見てみたいなと、いいのがあったら買いますが」

ボルト「そうか、ある時に、教えるよ」

ベルド「ありがとうございます、取り敢えず今日は帰りますね、孤児院を作らないといけないので」

ボルト「分かった、また来いよ」

ベルド「はい」

そして家に帰って、隣国へ転移した

ベルド「パレスさんいますか?」

パレス「はーい、いますよー」

ベルド「元孤児院の場所って何処ですか?」

パレスさんが地図を持ってきた

パレス「ここですね」

ベルド「意外と近いですね」

パレス「そうですね、今から行くんですか?帰ってくるの早かったですが」

ベルド「今から行きますよ、帰ってくるのが早かったのは転移を使ったからですね」

パレス「転移って伝説の?!」

ベルド「パレスさんが言っているのは、空間魔法の転移ですよね?」

パレス「それ以外にあるんですか?」

ベルド「僕が使ってるのはスキルのですよ」

パレス「何処で手に入れたんですか?!」

ベルド「僕の領地の近くのSSランク迷宮をクリアしたら貰えましたよ」

パレス「そうなんですか、私ではクリア出来ないですね」

ベルド「このことは、内緒でお願いしますね」

パレス「分かりました」

ベルド「あ、そうだ、僕の領地が国になりましたよ」

パレス「え?王様になったの、ベルド君?」

ベルド「はい、取り敢えず、この話は後ほど、また来ますね」

そして元孤児院の場所へ行った

ベルド「さて行くか」

《ピクシー、孤児院に必要なものを教えてくれる?》

《分かりました、面倒臭いので、直接頭に送りますね》

そして、ベルドの頭に孤児院に居るものの、情報を送られた

《ありがとう、さて行くか》

そして、屋敷内に入って、屋敷内を回った

ベルド「部屋が20に風呂1 トイレ2 広場2 食堂1 とその他1つずつか、10部屋を寝室にして1部屋が勉強する部屋で、1部屋書庫にして、1部屋遊ぶ部屋な感じでいいか、足りなかったら足せばいいし」

そして、部屋にものを置いていった

{ベッドや本、遊び道具は創造で作ってます}



あー、眠い笑

昨日外に出かけてて、蚊に左手だけ、4回も刺されてた笑

「転生して進化したら最強になって無双します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • みかづき

    蚊に刺されるですね。
    噛まれるとは普通は使いません。
    勉強したけど少し日本語に不自由な外国の人という印象です。

    0
コメントを書く