転生して進化したら最強になって無双します

hatuki

54話 ちょっとした話し合い

この作品はいつ完結するんだろう笑
このまま行けば一生(hatukiが死ぬまで)終わらん気がする笑
気がむくままに書いてるから、小説に飽きたら終わると思うけどね
当分は心配なし笑




今はムラクに連れてこられた部屋にて世間話的なことをした

パレス「さて、そろそろ本題に入ろうか」

ベルド「そうですね」

パレス「じゃあ、まずほんとに負けたの?」

ベルド「はい、証拠はこれでいいですか?」

無限収納から王冠を出した

パレス「これは、国王が付けてた王冠ですね、ほんとに負けたんですね、まぁ私はどちらでも良かったですが」

ベルド「ほんとに何したんですか、国王は、ムラクさんに嫌われてるとは聞きましたが」

パレス「そうですね、まず国への税が高くて商品の料金が高いとか、あとなんでもすぐに国王権限使ったり、孤児院があったんですが、それを取り壊して、今はスラム街が出来てます、あと兵たちの給料が安くて困ってるらしいですよ」

ベルド「それは、酷いですね、税に関しては、マーベルド王国の国王に聞いて同じにして、孤児院は作り直して給料もあげたらいいかな」

パレス「貴族はどうするんですか?」

ベルド「そうですね、とりあいず、謁見広場に集めて貰えますか?」

パレス「分かりました、集めてどうするんですか?」

ベルド「集めてやることは、負けたことを伝える、貴族としての仕事はそのまま続行してもらう、もしここで反発があったら、手っ取り早く力ずくで従わせて、って感じですかね」

パレス「なるほど、ですが貴族の仕事を続行というのは?」

ベルド「それは、今まで通り、国へのお金を払ったり、領地を管理してもらいますよ、突然変わるとややこしいでしょ?」

パレス「確かにそうですね、それで私は?もしかしてクビ?」

ベルド「パレスさんには、僕がいない時などに何かあった時とかに対処してもらおうかと思いましたが、クビにして欲しいんですね、残念です」  

パレス「やります!やりますから!クビにはしないで下さい!」

ベルド「冗談で言ったんですが」

パレス「良かった」

ベルド「ところでパレスさん、元孤児院があった所は今何がありますか?」

パレス「そうですね、今は屋敷が建てられてます」

ベルド「屋敷ってことは結構広いんですか?」

パレス「そうですね、伯爵位の人が住むくらいの広さですね」

ベルド「広いですね!今は誰か住んでますか?」
 
パレス「今は住んでません、ていうか建てられてから誰も住んだことないですね」

ベルド「建てる意味ありますか?」

パレス「ありませんね」

ベルド「じゃあ、その屋敷をまるまる孤児院にしてしまいますか」

パレス「働く人はどうしますか?」
 
ベルド「それは、僕の領地の方で何とかしてみますね.....あ、そうだ貴族の人達って全て集めるのにどのくらいかかりますか?」

パレス「約2日ですね」

ベルド「分かりました、とりあいず1回帰って働く人はと税のこと聞いてきますね」

パレス「分かりました」

そして、外に出ると夕方になっていた

ベルド「さて、1回帰ろ」

そして転移して帰った



短くてごめんね、本当はもっと長くする予定が眠くてやめました、
というわけで

おやすみなさい

「転生して進化したら最強になって無双します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く