転生して進化したら最強になって無双します

hatuki

53話 隣国にて

2作目の作品を前投稿日の昼にあげる予定でしたが忘れてました!
許してね!



 
移動しながら世間話的な事をしていた

ベルド「ムラクさん、そう言えばなんで戦争に負けた相手にになんで、こんなに優しいんですか?」

ムラク「そうだな、負けは負けだしな、文句言っても遅いからな」

ベルド「ざっくりですね」

ムラク「そうか?.......まぁそうだな、あるとしたら、国王がそんなに、好かれてないのが原因かな」

ベルド「どうしてですか?」

ムラク「そうだな、国に渡すお金多いらしくて必然的にお金が高くてな、ほかもおろ色あるがな」

ベルド「そうなんですね、そんなに高いんですか?」

ムラク「なんだ、まだ買い物してないのか?」

ベルド「はい、この国に来てすぐに来たので」

ムラク「そうなのか、他の国では銀貨1枚だとしたら、この国では、銀貨15枚くらいになってるんだよ」

ベルド「そうなんですか、僕はお金には困ってないので、安くしますか」

ムラク「そうしてくれるとこっちも助かるよ、軍は軍で給料が安くてきついんですよ、上げてくれねーか?」

ベルド「そのくらいならいいですよ、しっかり仕事してくれたらね」

ムラク「お、ここだ...コンコン...パレスさんいますか?」

パレス「はい、なんですか?」

扉を開けて赤い髪の女の人が出てきた

パレス「今日はどうかしたの?」

ムラク「実はな、この国が戦争に負けてな、それで戦争した領地の領主の人が来たので案内しに来たんですよ」

パレス「おら、負けちゃったんですか、じゃあこの人が領主の人?」

ムラク「はい」

パレス「こんにちは、私はこの国の宰相をしてるパレス・フォン・スレンクスです」

ベルド「僕は、ベルド・フォン・ドラシエル・ドルナードです、ドルナード領の領主やってます」

ムラク「俺は戻りますね」

パレス「分かったわ、頑張ってねー」

ムラク「分かりました」

ベルド「お2人はどういう関係で?」

ムラク「ただの幼馴染だよな?」

パレス「そうね、いつもこんな感じだよね」

ムラク「そうだな、パレスは誰にでも軽い感じだけどな」

パレス「そうね、いい人にだけ、だけどね」

ベルド「そうなんですね、パレスさんも負けたのに何も無いんですか?」

パレス「そうですね、特には何も無いですね、私も早く負けろと思ってたしね」

ベルド「じゃあムラクさんもですか?」

ムラク「もうだな、さっきの話の流れでわからない?」

ベルド「まぁ、何となく分かってましたが」

ムラク「じゃあ、聞くなよ笑、じゃあまたな」

そしてムラクは戻って行った

パレス「さて、話し合いしようか」

ベルド「分かりました」

そして、部屋に入って話し合いをすることになった




これ書くのに約t時間かかった笑
アニメ見ながらだと時間かかるね笑

hatukiの日常

最近ガルパで六兆年のスペシャルで最低5ミスくらいに出来た笑
EXは回復なしでクリア出来ない笑

「転生して進化したら最強になって無双します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く