転生して進化したら最強になって無双します

エルナ・アストル

48話 悲劇の訓練所?

あれから訓練所まで来た

「みんなとりあえず杖無しで一番魔法全力で使ってみて?そのあとに杖使ってみて」

「分かった」

「うん」

「分かったわ」

そして1人ずつ的に向かって打っていく
{その的は見た目は藁人形で耐久度は勇者が全力を出してやっと傷をつけれる程度の耐久度があります}

「じゃあテレスからね」

「分かった」

 テレスは魔力をこめ魔法を放った

ドーン

「おぉすごい威力だ」

「ハルさんに鍛えてもらったからね」

「そ、そうだね」
(まさかそのハルさんが目の前にいるとは思わないよね笑)

テ「ハルさんは普段何してる人なんだろう」

ミ「冒険者って言ってたじゃん」

テ「あ、そうだっけ?」

レ「言ってたよ」

「のんびり冒険者やりながら旅してるらしいからいつかまた会えるよ、会いたければ僕が呼んでみるしね」

「ありがとう」

「じゃあ次はミーファだね」

「分かりました」

そしてテレスと同じように魔力をこめ魔法を放った

ドーン

「おぉさすがだね、次はレミアね」

「はい」

レミアも同じく魔力をこめ魔法を放った

ドーン

「うんレミアもいい感じだね、じゃあテレス代表して杖使ってやってみて」

「分かった」

そして置いてた杖を手に取りさっきと同じ魔法を使った

ド━━━━ン!!

「予想通りすごい威力だ」

「........」×3

テレス達は魔法が着弾して少ししてからずっと固まった状態だった
あと的は少し傷がついた

「少し待つか」

数分後

「なに!あの威力」

「すごい威力!」

「ベル君は知ってたの?」

「まぁ知ってたよ」

「どうして?」×3

「その杖の効果だよ」

「どんな効果なの?」

「この威力の原因の効果だけでいいよね?」
(少しだけ誤魔化すか)

「うん」

「分かった、その効果はステータス強化 友情強化 魔法威力強化だよ」

「ベル君友情強化って何?」

「友情強化ってのはここにいる4人の友情が強ければ強いほど魔法が強化されるんだよ」

「そうなんだ、それじゃああの威力になるね」

「そうね」

「うん」

「ベル君ちょっとあそこに立ってくれる?」

「どうして?」

「いいからいいから」

「分かったよ」

そしてベルドは的から少し横のところへ向かった
そして3人で

「じゃあやろうみんな、ベル君なら死なないよね?強いし」

「そうだね」

「うん強いから大丈夫だよ」

「ベル君に魔法を思う存分打ち込もう」×3

「みんなー何するの?」

「じゃあそこでじっとしてて」

「分かった」

そして杖を持ちさっきと同じ魔法を打った

「さすがに死んじゃうってー!」

《傷すら入りませんが》

《うるさいなーこうでも言わないと怪しまれるじゃん》

《確かにそうですね》

《傷ついてないとまずいよね》

《そうですね》

《じゃあ》

『傷ついてないからついてるに 反転』パチン

そしてその魔法はベルドに命中して煙が舞い上がった


「酷いじゃんみんな、なんてことするんだよ!」
(元から知ってたけど、知らなかったら確実に避けるけどね笑)

「ベル君が構ってくれないからだよ」

「そうですね」

「そうです」

「みんな僕が忙しいの知ってるでしょ?」

「知ってますが、もう少し構ってください」

「そうですよ、ベル君」

「そうだよ」

「そうだね、もう少しテレス達といれる時間を作ってみるよ」

「そうしてくれると嬉しいわ」

「そうだ、ベル君この杖いつも持ち歩くほうがいいの?」

「そうだね、アイテムボックスのスキルはもってる?」

「持ってない」
「持ってない」
「持ってないよ」

「そうなんだ、じゃあさっき渡した指輪貸してくれる?」

「はい」×3

そして指輪を受け取った

「ありがとう、じゃあ早速『空間収納 容量∞ 付与』」

そして指輪に付与した

「はい返すね、空間収納の効果付けたからその中にその杖入れときな、容量は多いから色々入れてもいいし」

「そんなことまでできるんですね、すごい」

「ありがとう、ベル君」

「ありがとね、ベル君」

「いやいいよ」

ちなみに空間収納は付けられる人が限られるため、売られてる物は値段が高い、1番安いのでも約金貨10枚 1番高いので約白金貨約10枚を超える物も
値段の違いは容量で変わる

「それじゃあこのあと何する?」

「なんでもいいよ」

「私も」

「はい」

「いつもと同じでお茶会でもしますか」

「転生して進化したら最強になって無双します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く