転生して進化したら最強になって無双します

hatuki

47話 息抜き

今回は短いかもです

エピソードタイトルは、関係ないかもです
思いつきで書いてますので




今は家にいる

「さてと、作るものは全部作ったし、テレス達のとこ行こうか」

「はい」

「ピクシーは戻ってね?」

「はい」

そして、ピクシーは光の粒になりベルドの頭へ入っていった

「じゃあ行くか」

ちなみに今は約10時だ

「いつもと同じで転移で行くのもなんかつまんないし、飛んで行くかな」

《ちなみに、反転でも転移は出来ますよ》

《そうなんだ、まー今日は飛んで行くから関係ないけどね、ちなみになんか違うの?》

《使用魔力量が違いますね、普通の転移だと距離が長ければ長いほど魔力を使います、さらに跳ぶ人数が多いとさらに魔力を使います》

《なるほど、僕に関係ないね、じゃあ反転は?》

《反転は魔力を使いません、その代わり思考力を動力として動きます》

《へー、反転って魔力使わないんだね、知らなかった》

《そうなんですか、マスターの場合なんでも無限なので関係無いですがね》

《まーそうだね、そうそう行こうか》

《はい》

そして、バルコニーから飛び立った

《ただ飛んでるだけじゃつまんないし、羽根でも生やして見ようかな?》

《出来ますが、ちなみにどのような?》

《そうだな、天使みたいなのや、悪魔やドラゴンみたいなのがいいかな》

《じゃあ、天使が一番楽ですね》

《そうなんだ、どうやったらできる?》

《楽な理由は、私のを見たからですね、あとは種族を好きに変えれるので、天使にしたら、羽根が出せるようになります》

《なるほど、じゃあやるか》

そして、種族を天使に変更した

《見た目は、変わらないんだ》

《はい、羽根は自由に出したり消したり出来ますので、今は消した状態ですね、出し方は、羽根をイメージして出ろって思うと出ますよ》

《分かった》

そして、ベルドの背中から真っ白な天使の羽根が生えた

《おぉー、綺麗な羽根が生えた》

《ちなみに関係無いですが、堕天使になると羽根が黒くなりますよ》

《いらない情報だね》

《飛び方は分かりますよね?》

《あ、その前に認識阻害掛けないとやばいよね?》

《はい、下界には天使はいませんからね、召喚魔法で呼び出さない限り》

《やっぱりか、じゃあ掛けよ『認識阻害』じゃあ飛び方教えて?》

《分からないんですか、まぁいいです呼び方は背中に羽根の感覚ありますよね?》

《うん》

《それを、上下に動かして羽ばたけば飛べます》

《なるほどね、やってみるか》

そして、飛行魔法を解除して、羽根を羽ばたかせた

《おぉ、飛べる、この羽根がヒラヒラ落ちる感じかっこいい!》

《あ、そこですか、まぁ抜けたとしても、即生え直しますが》

《あ、便利なんだね》

《はい、ハゲたりしたら飛べませんから》

《やっぱりそうなんだ》

《ちなみに、速さは自由に変えられますよ、マスターの場合はね》

《そうなんだ、ちなみにどのくらい?》

《そうですね、この世界は地球みたく丸くないですが、地球で例えると、地球1周を一瞬で出来ますよ》

《まじかい、まーいいや王国へ行こう》

《そうですね》

そして、ズドーンと王国の上まで飛んだ、高さは約1万メートル

《予想通り、一瞬だったな》

《はい、羽根をはやす前はのんびり飛んでたので、今は約12時ですね》

《2時間?!》

《はい、のんびり飛んでましたしね》

《そうなんだ、まぁいいや、テレス達に会いに行こう》

《はい》

そして、そのまま下へ飛び降り、そして城門の前におりた{作者 表現誓うかもですが}

「門番さーん、遊びに来ましたー」

「久しぶりだね、ベルド君、入っていいよ」

「はーい」

ベルドがなんの確認も無しに入れるのは、国王が顔パスで入れるようにしてくれたからだ

「やっぱり顔パスって便利だ」

そして、そのまま、テレス達のいる所へ向かった、ちなみにいた場所は偶にお茶会をしてるバルコニーにいた

「やっほー、来たよみんな」

「あ、ベル君こんにちは」

「ベル君、こんにちは」

「ベル君、ほんとに来た」

「ほんとにってなんだ?」

「いえ、昨日まで魔法の訓練してくれてた、ハルさんがベル君は明日になったら来るって言ってたからね」

「うんうん」×2

「そうなんだ、そう言えば、プレゼント用意しといてって言ってたのはこれか」

「そう言えば、プレゼントを用意してるって言ってたね、何くれるの?」

「そうだった!」×2

「忘れてたんだ、そうだな、杖と念話できる魔法具だね」

「そうなんだ、ありがとう」

「じゃあまずは、念話魔法具からね、.......はいこれ、つけてる人と念話できるようになるよ」

無限収納から幸運の指輪を3つ出した

「これ?」

「そうだよ、これを付けてると、運が上がるよ」

「そうなんだ、もしかして、結婚指輪?」

そしてみんな顔が赤くなった

「違うよ、結婚指輪は結婚式の時に渡すから待ってて」

「分かりました」

「ベル君、分かりました」

「ベル君が作るの?」

「まぁ、そうだね、張り切って作るよ」

「ありがとうございます」

「ありがとう、頑張ってね」

「頑張ってねベル君」

「頑張って作るよ、それは置いといて、杖はこれだよ、好きな色選んで、ほかのが良かったら変えるからさ」

もう1回、無限収納から杖を3つだした

「私は赤がいい」

「じゃあ私は、青色のを」

「私は、黄色のを貰いますね」

そして、選んだのは、テレスが赤色、ミーファが青色、レミアが黄色を選んだ

「じゃあ、試しに行こ、みんな」

「うん」×2

「ベル君いいよね」

「いいよ」



アニメ見ながら書いてたので内容がダメですね

作者の雑談

昨日何となく運動不足だから、腹筋50回とスクワット50回やったらつりそうになた笑
50回の理由は限界でした笑


あ、名前入れ忘れてた!次回から入れ直します

「転生して進化したら最強になって無双します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く