転生して進化したら最強になって無双します

エルナ・アストル

43話 ダンジョンにて ③

今は25階層にいる、魔物はと言うと19階層の魔物の倍くらいの強さのがでてきた

《ずっと同じだから飽きてくるな》

《そうですね、倒し方はグロいですがね》

ピクシーが言ってるグロいの理由はベルドが反転を使い重力を通常の数百倍にして潰して行ってるからだ

《他から見たら潰れた肉の周りに血が溜まってるからね、誰も魔物とは思わない》

《はい、ですがこれができるのは迷宮のみですけどね》

《え、なんで?》

《理由は迷宮の地面が頑丈だからです、外だと土や石なので潰れる前に地面が沈みます》

《そうなんだね、迷宮からでたら逆でやるか》

《潰すのではなく、打ち上げるんですね?》

《それの方がほかを考えるより楽だしね》

《それなら生きた状態を死んだ状態に反転した方が楽では?》

《あ、確かにでもその考えだと蘇生も出来るよね?》

《そうですね、基本的になんでも出来るので》

《出来ないものない気がするけど》

《はい、ありませんね》

《ほらぁじゃあなんで基本的にって?》

《気分?》

《なんだよそれ……と、ボス部屋着いたね》

《じゃあ早速行きましょう……あ、その前に何か欲しいものを考えないと》

《あ、そうだった…レアドロップは倒した人が欲しいものが出る的なこと前のボス部屋で言ってたな》

《はい、そして欲しいものは?》

《そうだな……スマホかな?》

《なぜ?》

《暇つぶしに》

《そうですか、この世界にないので出ない気がしますか》

《まぁその時はその時、帰ってから作れば良いし》

《そうですね、欲しいものは何でも手に入りますね、作ればいいので》

《そうだけど、それは奥の手的な……ね?》

《分かりました、行きましょう早くしないとこの調子で行ってたら100階層まであと10日くらいかかりますよ》

《まじか、本体の方が終わるのが3日後だからあと2日くらいですかね?終わらさないとやばいね、怒って魔法撃ち込まれる》

《はい、なので一気に行かないと行けません》

《じゃあ急ご迷宮が壊れない程度にね》

《はい、そこだけは守って下さい、全力で走ると風圧だけでも吹き飛ぶので》

《分かりました!》

そしてボス部屋へ入った

《おーでかいね》

《これはワイバーンの1番弱いレベルのボスですね》

《これで1番弱いのか、10メートルくらいあるよ?》

《はい、いちばん強いので約20~30メートルありますよ?》

《じゃあドラゴンは?》

《ドラゴンは1番強いので約100メートルくらいですね》

《でか?!そんなのどこに住んでるの》

《それは龍神ですね、神界に住んでます》

《神様かい》

《はい、地上ですとハク様が1番強い大きいですね》

《へー……ま、どうでもいいや倒そ》

ちなみに強さはステータスが約オール5000万ぐらいです

ドーン

《ま、瞬殺だよね》  

《そうですね、マスターが瞬殺出来ない物はいないですから》

《ま、あのステータスじゃね?》

《そうですね、ステータス表示が数字では無いですからね、元最高神でも無限には届いてません》

《その元最高神はどうなったの?》

《今は最高神の席から外れて嬉しそうに遊んでますよ?》

《何それ(笑)可愛い》

《ちなみに女の人ですよ》

《おぉ、男の人かと思ってた》

《初代最高神の娘ですからね》

《そうなんだ、いつか会いに行くかな?》

《そうですね、マスターは暇つぶしになる……と思ってますよね?》

《べ、別に?》

《バレてますよ、レアドロップそろそろ見ましょうよ》

《あ、忘れてた》

レアドロップは黒に赤い線の入ったマントだった

《あら、やっぱり異世界のものはダメなのかな?》

《そうでしょうね》

《今の装備に吸収させとこ》

武器の時に装備にも吸収をつけていた、そして吸収させた

出来たのはこれ

無限絶超越創焉覇輪廻神主専用の装備 (上着 シャツ ズボン 革靴マフラー)
ランク∞級
効果
ステータス∞×∞倍
持ち主登録
破壊可能
温度自動調整
サイズ自動調整
見た目自動調整
完全無効
気配遮断
魔力遮断
自動結界
自動修復
音遮断
神速
水上歩行
空中歩行
透明化
認識阻害
反転(内容 力 五感 思考速度 身体能力 ???)
???

{説明
透明化 透明になれる
認識阻害 見たり聞いたりできない
反転 内容のものを反転させて強くする}

《ステータス∞×∞倍になってるしそれになぜ装備の効果に反転が?しかも内容にも???着いてるし》

《そうですね、∞×∞はレアドロップの方にステータス倍加が着いてたからですね、反転に関しては謎です》

《そうなんだ、強くなったし、どんどん行こうか》

《はい》

「転生して進化したら最強になって無双します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く