転生して進化したら最強になって無双します

hatuki

37話 分身側では

まだ忙しいので短くなりますがご了承ください

内容はダメかもです(いつもだけど、たぶん)
一段と悪いと思います、書いてる時、凄く眠いので、眠くて、左目だけ痛くて、少しだけぼやけてます、なので誤字が多いかもです。
もしかしたら、キャラ崩壊?してるかもです、その場合、指摘が来ましたら直します、しっかり寝てから



ベルドはテレス達の訓練の途中でテレス達にバレないように、自分の分身を出して領地での仕事を任していた
分身を出してから、約1週間領地人の騎士団に入る人が集まる日になった

「メルダ、どのくらい集まったの?」

「そうですね、約10万くらいですかね」

「意外と多いな」

「そうですね、普通は騎士団なんて王国へでも行かなければなれませんからね、そして王国へ行ったとしても、入団テストがあるのでそこで無理なのでしょう、なので今回は入団テストがほとんどないのでこれだけ集まったのでしょう」

「なるほど、じゃあ早速行きますか」

「そうですね」

そして、入団希望の人たちがいる場所に行った

「みんな、集まってくれてありがとう、早速だけど、僕の事信用して着いてきてくれるかい?」

「はい」×大量

「ありがとう、じゃあまずは、訓練のことから説明する、まず訓練は、ここ専用の魔法道具VRゲームみたいなやつを使って週に1回でもいい、これは好きな時好きな時間に使ってくれて構わない、人数分用意してあるから、そして次はこの職だけだと、暇になるかもだから、好きな副業をしてくれて構わない」

ザワザワ

ちなみに、ザワザワしてたのは訓練が週一でいいと言ったとこからだ

「そして次は、装備についてだ、防具も武器もこっちで用意してあるから、今から渡す、みんな頼んだよ」

そして、みんなとは、魔族だ、その魔族達が全ての人に装備を渡して言った、この時もざわついていた、それの内容は、「見ろ魔族だ」「大丈夫なのか?」と色々だ、そのため、途中でベルドが説明した内容はこんなです「みんな、驚かして済まない、この魔族達は僕の部下でもあるから安全だ」と、そして全ての人に装備を渡し終わった

「みんな装備は貰ったね?」

「はい」×大量

「その装備は、ここだけのものだから、無くさないでね、失くした場合、教えてくれ、また渡すから、でも出来るだけ無くさないでね、材料が大変だから」
(ま、僕の魔力から出来てるから、無料だけど)

「分かりました」×大量

「じゃあその防具をつけて、ハイパージャッジと、唱えてくれる?」

そしてみんな、防具をつけて唱えた、そして身体が光った、ちなみにみんな驚いていた

「びっくりさせて済まない、今みんな身体が光ったよね、それは、君たちが進化してハイヒューマンになったからだよ」

「まじか?!」「すげー力が湧いてくる」
などと言っている

「驚いたかな?それもここだけの技術だかは口外は禁止だよ、それとレベルが1になってるから訓練は魔物を倒しても大丈夫だから好きなように訓練してくれて、これから頼んだよみんな」

「はい」「分かりました」×大量

そしてそれからメルダに頼み、転移出来るものを渡した、これは行ったことあるとこならどこでも行ける物、悪用は出来ないように設定されるがそれ以外はどこでも行ける、
そしてその日は解散になった



描き終わって、PV見たら2万超えてました、ありがとうございます

あとおやすみなさい

「転生して進化したら最強になって無双します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ーーーーーーーーーーーーーーーー

    転生貴族のハーレムチート生活と全く同じなんですけど。というか、違うところ見つける方が難しい…

    0
コメントを書く