転生して進化したら最強になって無双します

hatuki

32話 新たなスキルを試す?&ベルドの暇つぶしの遊び

おまけ分だよ

31話の答え分かったかな?
1時間だからまだ読んでる人少ないかな?

まーいいか本編どうぞ




「さてどこでスキル試そうかな」

《それなら、創造の力で世界を作り出してはどうですか?そこならどんだけ破壊してもその世界が崩壊するだけで済みますし》

《世界が崩壊するのね、下手したら》

《はい、例えば制限を今の状態から4つ解いて加減もなしに、地面を思い切り叩いたり、全力で1番強い魔法を打つと、なりますね》

《マジか、そろそろ、制限を強めないと不味くなってきたのかな》

《そうですね、制限なしだと、いるだけで世界が崩壊しますね》

《そうなんだ、制限かけてない状態でこの世界に入れるようにしないと》

《そうですね》

《それだと新しいスキルをついでに試せるしね》

《ちなみにどの?》

《それは反転リバースだね》

《どうやって試すんですか?》

《それはね、反転させるんだよ》

《あ、なるほど分かりました、それなら行けるかもですね》

《じゃ、早速やってみますか》

反転リバース 耐えられない物を耐えれるように』

ベルドがやったのは普通は耐えられないが、その耐えられないのを利用して、逆の耐えれるように反転させたのだ

《これで、大丈夫になったかな》

《はい、試してみますか?反転の力があれば崩壊したとしても、修復が出来ますし、そもそもマスターの元々の力でも復元は出来ますが、反転の方が便利ですね、楽ですし》

《そうなんだ、そういうことなら試すか、ここなら何かあってもほとんど被害はないから大丈夫だね》

ちなみに今いるのは周囲に何も無い山々しただいたい真ん中辺りにいる、理由は何かあっても、山が消えるだけだからだ、
そこでベルドは制限を全てを解いた、
制限は全部で10個着いている1つ目は全力の半分2つ目はその半分3つ目もその半分それが全部で10個着いている、そのため普段から全力の1割も使ってない、だが前回のSSSランクの魔族ぐらいには強い

《大丈夫みたいだね》

《そうですね、さっきマスターが反転を使ったので分かりましたが、その反転のスキルは世界の理すら捻じ曲げるほどのものだそうです、それとこの世界では存在しないスキルですね》

《そうなんだ、じゃあ今度は、って言うか他の試す必要あるかな?》

《いりませんね、制御は完璧にできるので、それに元々マスターが使える魔法が目の効果にも追加された感じですから》

《そうなんだじゃあ、あとはこれだな》

《なんですか?》

《反転ができると知って、1番簡単に誰でも思いつく反転はなんでしょう》

《強さとかでしょうか》

《ブッブー、正解はいちごs》

《言ってはいけません》

(姿がないのに、めちゃくちゃ威圧を感じる

《す、すいません、正解は性転換ですね》

《何故ですか?》

《それは人は男と女の2つの性別があります、それは誰しもが持ってるものだから、誰でも考えつくかと》

《そうなんですか..........じゃあいませんよ、何故そうなるんですか》

《だって僕が前世で高校入学前辺りから卒業するぐらいまで、女の子になってみたかったからです》

《それは、夢が叶いましたねー》

ピクシーはすごく呆れた様子で棒読みしていた

《そうだよ、僕は馬鹿だよ、そうだよ、もういい、ピクシーにも同じ感覚を味あわせてやる『反転 ピクシーが男になりたくなる思考を有ったことに』》

そして数秒後

《なるほど、マスターの気持ちがよくわかりました》

《そうだろ?》

《はい、男の人はカッコイイから私もなりたいってことですから、マスターの場合は可愛いから俺もなってみたい、的なことですね?》

《まー一応合ってるのかな?》

《そうですか、ちなみに女の子になったらまず何をするんですか?》

《それはもちろん、オシャレでしょ》

《純粋で安心ですね((ボソッ》

《何か言った?》

《いえ、何も、ではこれから買い物ですか?》

《いや服に関してはこの服の見た目を変えたらいいから、なんか面白いことしたいな》

《どんなことでも出来るので、好きなことしたらどうですか?》

《そうだな、ンンンンあ、そうだ昔読んだ小説の主人公みたいな事しようかな》
{作者 ベルドが言ってる小説は実際には恐らく存在しません、多分作者の僕が知らないだけかもですが}
《どんなことですか?》

《それはね、時々女の子の姿で最強の冒険者として活動して幻の〇〇みたいな異名で噂になって欲しいかな》

《それは、また世界に広がりそうですね》

《それが狙いなんだけどね》

《どうしてですか?》

《だって裏で噂になってたらカッコイイじゃん》

《マスターはすごく単純ですね》

《いいんだよ》

《いつから始めるんですか?》

《今何時くらい?》

《今14時ですね》

《じゃあ今日から少しずつやろうかな、最初の出現場所はマーベルド王国のギルドだ》

《その前に名前と服と武器も変えないといけませんが》

《あ、そうだったテンション上がってて忘れてた》

《でしょうね名前はどうしますか?》

《そうだな、名前はハルでどうかな?》

《いいと思いますよ、ちなみに由来は?》

《それはね、名前の理由は、はんてんのはとベルドのるを取ってハルだよ、そして由来は反転した時の僕も元の僕も同じだから、反転の文字と僕の名前を取ってハルってとこかな?》

《それはいいですね、では服装は?》

《それは、元から決まってるよ》

《そうなんですか?》

《うん、僕は元日本人で日本と言えば和、和の服装といえば和服これで間違いなし、武器は和服に合わせて刀かな》

{作者 和の服装といえば和服だよね、和服と言えば刀だよね?
僕の勘違いですか?それとも会ってる?}

《そうですか、この世界にも和服も刀もありますし不自然じゃありませんね》

《そうなんだ、この世界にも和服とか刀あるんだね》

《そうですね東にずっと行ったところですね、場所なのでこの大陸に来る人は全くいません、ので知ってる人は知ってる程度ですね》

《そうなんだ、またいつか行ってみよかな》

《そうしてはどうでしょう、マスターのお気に召すかと》

そして性別を反転して服装を和服の見た目へ変えゼロを刀にして腰に下げてマーベルド王国へ転移した、制限を掛け直したあとでね、
ちなみにその制限を5つほど解いてある
なので簡単に言えば創造神位の強さはある
創造神の強さはハクを一気に100人くらい一気に戦っても無傷くらいに強いよ



今回から少し作者の僕の趣味全開の話になるよTS系が苦手な方は終わるまで待っててね、書く人が一緒だから上手くないけど、読みはするけど書かないからね。

ちなみに反転のスキルを手に入れた理由はYo〇〇〇beこれいるのかな?いるかでとある人達がサファリパークへ行く、動画を見てて、キリンの斑点模様を見て反転の能力を思いつきました、そして
ベルドを性転換させようと思いました、こんな僕は作者ことhatuki
の趣味が悪いかもですが、たのしんでね

あと僕のTwitterに和服のイメージと刀の参考画像を投稿しときます、良かったら見てね

「転生して進化したら最強になって無双します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー354375

    とりーあいず・hatuki・ドラゴン wwww XD

    0
  • 小鳥遊 悠希

    あのしんで、じぁなくて楽しんでじゃないですか?

    0
  • 虎真

    つまり初代国王は東にいる事がわかるね

    0
  • hatuki

    これパクリになるの?最初の方は同じ感じになるのは仕方ないけどあとはオリジナルのはずなんだけどな

    1
  • KZ

    これってさパクリじゃない?神名が同じのあるしどっちがぱくりかわからんけど

    2
コメントを書く