転生して進化したら最強になって無双します

hatuki

30話 騎士団(魔族編)&強化

いつも寝ている時間に起きたから眠い
いつも起きる時だいたい昼回ってます、今日5月3日は昼前に起きたから眠い

ちょい修正 
兵を騎士団に変更します
すいません

スキルの無限収納インベントリーが抜けてたので戻しときます
アイテムボックスからインベントリーに変わります



今回集まった魔族は約50万だ、そんなに入る会場があるかって?それはベルドが空間魔法で訓練所を広げて東京ドーム10個分がすっぽり入るくらいの大きさに広がっている


「皆さん集まってくれてありがとう、今回は聞いてるかもだけど、この領地で騎士団を持っていいと言われたから君たちにお願いしたい、やってくれるかな?」

ちなみにベルドは音魔法で声を全体に届くようにして喋っている

「はい」×大量

「みんなには今以上に強くなっていただきたい」

魔族の1人が声をかけてきた

「あのすいません、強くなるにはどうするんですか?」

「それは僕が作った空間で生活しながら普通に訓練してくれたらいい、あとここの領地意外にない僕が作った訓練用の魔法具があるからそれで鍛えてくれたらいい、その訓練は1週間に1回やってくれたらいい」

「1週間に1回でいいんですか?」

「あぁ、構わないこの人数とあとこの領地から人間も集めているから、正直副業でも探さないと暇になるから、好きなことしていいよ、ここだけの特別の訓練用魔法具は人数分あるから気にせず好きな時に好きなだけ使ってくれて構わない、あとで使い方をハデスかメルダに教えて貰ってくれ」

「分かりました」×大量

「それと今から手元に豆を配るから食べてくれ」

そして全ての魔族に豆を配った

「これは?」

「今から説明する、その豆は僕が作った進化の豆だ、それを食べると1段階上のランクに進化する、食べると少しの間気を失うが大丈夫だ、進化して体をつくりかえてるだけだから心配せず食べてくれて構わない」

そして、みんなその豆を食べた

「大丈夫そうだね、ハデスお前も食うか?」

「いいのですか?」

「いいよ、ハデスにはこれからも世話になるし、この魔族達をまとめてもらわないと行けないからね、強くなってもらわなくちゃ」

「分かりました、有難くいただきます」

そしてハデスも豆を食べて倒れた
{気を失って倒れてます}

「じゃあ、僕が食べても意味なさそうだけど食べてみよ」

そしてベルドも他のみんなと同じく豆を食べたが

「やっぱり聞かな....い..........か」バタ

ベルドも数秒後に倒れた
{数秒かかったのは元々強いのでなかなか聞かなかったのだと思われます}

(ここは、確か神界だよね)

「覚えてたか、良かった、全然来ないから忘れたかと思ったわ」

「セルキアさんお久しぶりです」

「そうじゃな、約5年か、なぜ遊びにこんのだ、こっちは暇なんじゃよ」

「いやー忙しいんですよ」

「そうか、ならこれはなんじゃ?」

セルキアが指をさした方を見るとスクリーンのようなものがあり、そこには、暇そうにして、暇だーと言ってるベルドが映っていた

「........」

「これの、どこが忙しいのだ?暇だと自分で言っとるじゃないか」

「すいません、でしたお許しを」

「まー良い、ところでお主、また進化しただろ」

「まーはい多分、進化の豆を作って魔族のみんなと食べました、ダメでしたか?」

「いや、別に構わんが、どこまで強くなったら気が済むんじゃ」

「そりゃもちろん、僕の婚約者もとい妻を絶対に何があっても守り抜くそんな最強の神になりますよ」

「お主はもう充分最強じゃよ、全世界の神総出でも勝てんのじゃからな」

「そうなんですね」

「そうじゃよ」

「分かりました、強くなる目標が出来ました」

「そうか、どんな目標じゃ?」

「全神々相手をデコピン1発で攻略出来るくらいに、なります」

「そ、そうか、残念じゃがもうそれは出来るぞ」

「ま、マジですか」

「うむ、ステータス表示が∞になった時から出来るぞ、∞ってことは力を無限にあげることが出来るのだから」

「そうなんですね、じゃあとりあいず進化が効かなくなるまで強くなります」

「そうか、頑張れよあと、やりすぎて世界を壊すなよ」

「分かりました、とりあいずステータス見てみよ」

「それが良いじゃろう」

「分かりました、『ステータス』」

{作者 途中途中説明や理由が出ますのでごちゃごちゃするかもです、新しいものはnewが着いてます、変わったものは変更とかいてます}
ステータス
[名前] ベルド・フォン・ドラシエル・ドルナード
[年齢]10
[種族] 究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神(全種族好きな種族になれる)変更
{作者 種族に関してはこんなふうに表示されます
究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王獣人、てな感じになります
めんどいんでしませんが、ベルドが気が向いた時に遊ぶ程度の意味がこもってるので}
[性別] 究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神(男、女、無性) 変更
[職業] 究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王 変更
[レベル] 1 
{作者 レベルは前回まで---にしてましたが今回から1にします、理由は強くなった感じがあるからです} 変更
[HP] ∞×∞¹ºººº 数値変更
[MP] ∞×∞¹ºººº
[物理攻撃力] ∞×∞¹ºººº
[物理耐性] ∞×∞¹ºººº
[魔法攻撃力] ∞×∞¹ºººº
[魔法耐性] ∞×∞¹ºººº
[素早さ] ∞×∞¹ºººº
[運] ∞×∞¹ºººº
{この¹ººººは∞が1万倍ってことです}
次のレベルまで: 0.00000000000000000000000000000000000001exp 
[称号] 転生者 究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王 変更 無限を超越し超えた者 真の支配者 最高神 全世界最強の神new
[魔法] 究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之摂理 変更
[通常スキル]  
究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神覚醒Lv-
究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之剣神Lv-
究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之闘神Lv-
究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之魔法神Lv-
究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之体術神Lv- 
究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之思考Lv-
究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之神威Lv-
究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之時空之支配者Lv-
究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之封印Lv- 
究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之支配Lv-
究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之創造Lv-new
究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之神眼Lv-new
究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之隠蔽Lv- new
究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之完全無効Lv-new
究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之掌握Lv- new
究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之記憶Lv-new
究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之眷属Lv-new
究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之六感Lv-new
                                                            神覚醒から支配まで変更その他new
ステータス補正究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王Lv∞[倍数変更可能] 変更
取得経験値∞倍 [倍数変更可能]
必要経験値∞[初期値0.00000000001 必要数変更可能]
無限収納インベントリー
[固有スキル] 
究極無限創焉覇輪廻超越全能原初スキル神覚醒Lv- 
全武器
全魔法
究極無限創焉覇輪廻超越全能原初全知
無限の成長 
反転リバース new
[加護] 
究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王の加護Lv∞

新スキルと統合された魔法&スキル説明

・究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之摂理
生死魔法と念話が統合されました、もちろんここに蘇生も入る。

・究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之闘神Lv-
縮地が統合されました。

・究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之魔法神Lv-
無詠唱が統合されました。

・究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之創造Lv-
完全創造が進化したもの、このスキルは考えたものをなんの代償無しになんでも作れる、たとえその世界に無いものでも。

・究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之神眼Lv-
神眼・∞が進化し、さらに鑑定が統合されたもの、使える効果、
透し 念力 鑑定 幻 千里眼 転移 石化 心眼 光眼 暗眼 魔眼 熱源眼 が使える
透し、壁の奥や物の奥が見える、
念力、ものに触れなくても、物を動かせる、
鑑定、人や魔物や物質の詳細が見れる、
幻、相手に幻を見せることが出来る、
千里眼、遠くが見れるようになる[距離∞]
転移、見えてる場所に転移出来る
(千里眼と一緒に使えばどこでも転移出来る)
石化、自分より弱いものと、効果発動中に目を合わせると石化する
心眼、心の声が聞けて、何を考えてるか見れる
光目、眩しくて見れなかったことも見れる
暗目、くらい所が明るく見える
魔眼、普通は見れない、魔力を見ることが出来る
熱源眼、暑いものや冷たい物があると壁があっても見れる
(簡単に言うと熱源探知)

・究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之隠蔽Lv- 
究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之神眼Lv-がないと何があっても見つからない効果、隠密 無臭 無音 隠魔 の効果が使える
隠密、気配を消すことが出来る
無臭、完全に匂いを消すことが出来る
無音、音を完全に消すことが出来る
隠魔、魔力を完全に探知されなくなる。

・究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之完全無効Lv-
物理 魔法 スキル 状態異常 呪い 窒息 環境効果 ありとあらゆる体に害を与えるものは全て無効する、

・究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之掌握Lv- 
なんでも完全に掌握出来る。
{作者 作ったわいいが何も考えてなかったことがバレてしまうな}

・究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之記憶Lv-
記憶に関する事を完全に詰め込んだスキル効果、
完全記憶 瞬間記憶 早読み 記憶量∞ が常に働く
完全記憶、五感で感じたことを全てを絶対に覚える
瞬間記憶、五感で感じたこと全てで瞬時に覚える
早読み、読む速度が早くなる
記憶量∞、完全記憶で全てを記憶して頭がパンクしないように記憶量が∞になる。

・究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之眷属Lv-
奴隷化 テイム 眷属化 使徒化 などにする魔法やスキルが
使える効果、
奴隷化、奴隷にすることが出来る
テイム、魔物を仲間にできる
眷属化、自分の眷属にできる
使徒化、自分の使徒に出来る。

・究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之六感Lv-
視覚 聴覚 触覚 味覚 嗅覚 感知 が全世界最高になる。
{作者 これはみんな分かるよね?}

{作者 説明が下手だからこれだけ長くなります}
反転リバース
あらゆる物を反転できる例えば性別、男なら女に女なら男に、
さらにあったものを無かったものに、無いものを会ったことに、
無風から暴風や極寒から極暑にしたりその逆もできる、
小さな物を大きくしたり、大きい物を小さくしたりと、色々反転
出来る、さらに物と自分を入れ替えて移動したりも出来て、身体能力を反転して強くしたり弱くしたり出来る、そのため想像力さえあればなんでも出来てしまう、少し創造の力に似てるかも?
{作者 すまんな説明下手で、これでわかってくれると嬉しいです}

「なんかさらにチートになったな」

「そうなのか?」

「鑑定か何かで見れないの?」

「見れるわけなかろう、なんせ儂よりも圧倒的に格上なんじゃから」

「そうなんだ、見せてもなんか文句言われそうだから、このまま帰るねじゃ、バイバイまた来るね」

「ちょ.....なんで見せてくれんのだ、何も言う気はなかったのに」

「今回は仕方ないと思いますよ、ベルド君が雇った魔族の人達がみんな心配してるので早く返しといた方がいいでしょう、また今度寝てる時にでも、強制的に呼び出したらいいんですよ」

「そうじゃな、強制的に呼び出せるかは分からんが」

「そうですね、相当強くなってるはずですから」



究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王を考えて下さった方まことにありがとうございます、僕は結構気に入っているのでありがとうございます、
てことでステータスを一気に進化させました
正直、作った僕ですら見ずらいです、はい
スキルを一つにまとめるために神名と神名の後に
例、究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之〇〇〇〇〇〇〇
の丸の所の文字は長くても構いません
究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王とつく
ステータス補正と神覚醒以外の全てが1つにまとまればいいので好きに考えて下さい、選び方は作者の気にったやつですが、選ばれなかった方は、また助けを求める時が来るのでその時に助けて貰えると助かります

作者の最近

5月3日に魔女兵器というアプリを初めまして、大体のアプリでストーリーをほぼ全くと言っていいほど読まない僕がストーリーしっかり読むという珍しいことになってます、理由は分かりますが
その理由は主人公がTSするからです、僕の趣味は謎ですね、はい
僕が好きなジャンルはTS男から女のやつ系 主人公最強チート系 異世界系 転生や転移系ですね TSはないけどそれ以外はこの作品が当てはまる(笑)これがこの作品を書いてる理由だね
誰も聞いてないね、はい
ごめんね

「転生して進化したら最強になって無双します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー354375

    この作品って作者サンの黒歴史と他の作者サンの作品パクってるだけですね。

    hz ks XD

    0
  • ノベルバユーザー313009

    究極無限創焉覇輪廻超越全能原初神王之神威でいいんじゃ?

    0
  • ノベルバユーザー237865

    たまにでてきますが、「とりあいず」ではなく「とりあえず」の表記が正しいてすよ。

    1
  • hatuki

    まとめれるのならまとめたいのですが、いいのが思いつかなくて笑

    0
  • エリアリン

    もっとまとめたらどうです?

    0
コメントをもっと見る / 書く