僕の彼女(仮)は妖精さん?

本田 そう

僕の彼女(仮)は妖精さん⁈

「僕と付き合って下さい! 」

彼女は暫く考えて、男に言った。

「ごめんなさい」と。

男はガックリとし、フラれた男がよく言うセリフを言った。

「どうして、駄目なの」と。

彼女も女がよく言うセリフを

「う〜ん、あなたは優しくていい人よ。けど……、ごめんなさい」と。

そして彼女は、男をその場に残し帰って行った。

男は暫く呆然とし、近くのベンチに腰掛けて

「またかよ! なんで駄目なんだよ? 優しさだけでは駄目なのか? なにが足りないんだよ!」

悔やむ男は自分の両手の手の平を見て、拳を作ると

「やっぱり僕がオタクなのがいけないのか!」

因みに先程の男が告った彼女は腐女子である。
コミケで知り合って、最初は話があったが‥‥‥結局、話が合わず振られた。

この振られた男の名前は、太田 ヒロ。
20歳で普通にその辺の会社に高卒で就職し、普通にアパートに一人暮らしをし、普通の格好をし、容姿も普通。本人はオタクと言っているが普通にアニメを見て、フィギュアを集めることはなく、普通に暮らす、
普通の青年である。

「あそこまで話が盛り上がっていたのに、付き合うて事になると、別の話てことになるんだなぁ〜」

暗くなった公園のベンチで一人気落ちし佇たたずむ僕は

「やっぱり俺の嫁は『カンナちゃん』だけだ!」

そう言うとスクッとベンチから立ち上がって走り出した。

因みにカンナちゃんとは『魔法乙女カンナ』と言うアニメで、今は殆んど見かけなくなったツインテールの可愛い女子高生が主人公の物語である。



◇◇◇◇


夜空に光る小さな星達。その内の一つの星がポロっと一つ落ちてきた。とある場所のとあるレンタルビデオ屋に。

僕はいつもの馴染みのレンタルビデオ屋に寄っていた。

「おおっ! カンナちゃんの新作DVDがあるじゃないか」

喜び直ぐに僕はそのDVDを手に取ると‥‥‥体に電気の様ななにかがピリッと走った。

「えっ?なんだ今のは?静電気?」

はて?と考えて‥‥‥

「まぁ、いいか」

カウンターにDVDを持っていった‥‥‥

レンタルビデオ屋から出て、家路の途中、僕は電柱の下にあるダンボールに目がいった。そしてダンボールの中から、か細い鳴き声が聞こえた。

「‥‥‥ネコ? 子猫の鳴き声がする」

しかしその鳴き声は、今にも消えかかりそうな声だった。
ダンボールの中を覗くと小さな三毛猫が震えながら小さな声で鳴いてた。

「こんなとこに捨てるのかよ。春だけど夜はまだ寒いんだぞ」

「ニャァ‥‥‥ニャァ‥‥‥ニャ‥」

「かなり弱ってんじゃないかよ。けどうちはアパートだし……」

「ニャァ…ニャ…………」

「アーッ、モーウー」

僕は小さな三毛猫を手に取ると、自分のジャケットの中に優しく包み込むように抱き、急いで家に帰った。

「ガチャ」と、家のドアを急いで開け、

「えっ〜と、バスタオル、バスタオルはと。あと暖房、ミルク‥‥‥」

僕はバスタオルに包んだ子猫を優しく摩りながら

「頑張れ!、死ぬなよ。頑張れ!」

一晩中僕は、子猫の看病をした‥‥‥






ーー『この人なら…願いを…叶えて‥‥‥あげても‥‥』ーー





翌朝

「う〜ん、何か指を……、ハァッ!子猫は?」

僕が目を覚ますと子猫が僕の左薬指をペロペロと舐めていた。


「はぁ〜っ、よかった。元気になったんだな、と、お前お腹減ってるだろう? ミルク飲むか?」


小さな皿にミルクを入れ、子猫の前に出すと子猫はペロペロと飲み出した。


「よかった‥‥‥なんとか元気になったみたいで、て、よくないかな? こいつどうしたら‥‥‥引き取ってくれそうな人は、心当たりないし、う〜ん‥‥‥‥‥」


 で、僕は子猫の顔を見るとですね、


「ヨシ!駄目元で大家の叔父さんに相談してみよう!」


僕は子猫を撫でながらそう言うと、テーブルに置かれたレンタル袋を見て


「あっ、そうだ!カンナちゃん見るの忘れてた。この時間じゃまだ叔父さん達寝てるし、DVD先に見るか。カンナちゃん、カンナちゃんっと」


レンタル袋からDVDを取り出しデッキにセット、
暫くして魔法乙女カンナのタイトルが出てきたが、なにか様子がおかしい。タイトルのまま先には進まない。


「えっ! デッキの故障か?」


デッキの取り出しボタンを押そうとした瞬間、テレビの画面が眩しく光り出し、声が聞こえた。


「‥‥‥なんだ!‥‥‥いったい?‥‥‥声?」


眩しさのあまり両手で目を覆った僕は、暫くすると目が慣れたが、まだ声が聞こえ、僕は恐る恐る周りを見ます。


「‥‥‥誰だよ?何処‥‥‥に居る?まさか、お前か?」


子猫に言うが「ニャァ」としか言わない。


「だよな。お前じゃないよな?じゃぁいったい‥‥‥」


僕は恐る恐る周りをキョロキョロとすると‥‥‥テレビの方から、


『ここです。ここ!』

「ここです、て言われても、いったい誰だよ!それにどこにいるんだよ‥‥‥うん? あっーーっ!」


僕は声が聞こえた方を向くと、先程までタイトル画面だったテレビ画面が、白い画面になっていて、そこには、小さな髪の長い女の子?らしい人が映っていた。


「うん‥‥‥ゲェッ! さっ、貞子!」

『誰が貞子ですか! 誰が! 私は星の妖精です!』


テレビの画面の中の人物が、僕に指差し言いますと、僕は


「星の妖精?星の………プゥッ、妖、プゥッ妖精ぃ、プゥッ、あはははっ」

『なんで笑うんですか!失礼な人ですね。プンプン!』

「だっ、だって、よっ妖精?妖怪の間違いでは?」


僕はですね、笑いながらツッコミを入れると、画面の中の妖精さんが機嫌を悪くしたのか、

『笑うなら笑っていいですよ〜だぁ! せっかく願い事を一つ叶えてあげようと思いましたけどぉ、もういいですぅーっ!』

「あははは‥‥‥えっ?‥‥‥願い事だって!本当に?」

『ええ、そうです!けどあなたは信じない見たいですから、いらないですよねぇ、願い事!』


妖精さんは画面の中を機嫌が悪そうに右に左に動いてますよ。

「しっ、信じます、信じます妖精さん!どうか許してください!」

画面に向かって土下座をしましたよ。で、星の妖精さんは


『どうしようかなぁ〜〜』


チラリと土下座をする僕を見て、口元を少し上げて、ニヤリとすると


『わかりました、許してあげます』


「よっしっ」と小さくガッツポーズをする僕‥‥‥で、


「所で妖精さん、願い事を叶えてくれるて言うけど、僕は妖精さんに何かしたかな?て、も、もしや、僕の命と引き換え!」

『えっ? 違います、違います!』

「じゃぁ‥‥‥僕の大事な物と交換!」

『それも違いますぅ!』

「それじゃぁ、何だよ」

『その子猫です』


子猫に指を差すと、またニコリとする妖精さんに僕は


「子猫?また何で?」

『この子猫は、私の星の元の下に生まれたからです。けど生まれてすぐに捨てられた。そして死にかけた子猫をあなたが助けてくれたんです。ですのでそのお返しに一つ願い事を叶えてあげようと』

「そう言うことか。う〜ん、願い事ねぇ‥‥‥アッ!」

『願い事を増やして、は駄目ですよ!』

「えっ?‥‥‥‥読まれてたか」


僕は残念そうな顔をすると、腕を組んで暫く考え


「願い事かぁ‥‥て願い事、願い事‥‥‥一つだけだもんなぁ」

 
で、僕が考えに考えてますと


『あの〜う、まだですかぁ。あれから一時間は経ってるんですけどぉ。優柔不断な男は彼女ができませんよぉ〜』

「うるさいなぁ、彼女なんて……彼女……」


僕は昨日の告白のシーンをフッと思い出していた。そして……


「‥‥‥妖精さん!決まったよ、願い事!」

『エッ! 漸く決まりましたか‥‥‥では願い事を!』


画面の中の妖精さんはやれやれと両手を顔の横に上げポーズを取ると、


「僕の願い事は‥‥‥妖精さん! 僕の彼女になれ! カンナちゃんのような姿の可愛い彼女になれ!」

僕はテレビ台の横に置いてある、僕が唯一持つカンナフィギュアを手に取り画面に向かって言った。


『彼女ですね‥‥‥彼女‥‥‥彼女‥‥‥うん? ‥‥‥えーーーっ! 私があなたの彼女ぉーーー!』


妖精さんが言うとテレビの画面がまた光り出す。そして、僕が手に持っていたフィギュアも光り出した。


『ちょ、ちょっと待って下さい! この願い事はありなんですかぁーーー!』


するとテレビの中の妖精さんに、天からの声が


『我が星の妖精よ』

『あっ! 精霊様。この願い、アリなんですか?』

『ありです』

『そ、そんなぁ〜っ! 私にも選ぶ権利がぁ〜』

『頑張りなさい』


精霊が言うと画面から金色の光りが出てフィギュアの中に入った。
そして辺りがパッと光る‥‥‥‥‥‥



◇◇◇◇



暫くして僕は目を覚ました。

「‥‥‥う〜〜ん。なっ、なんだったんだ今の‥‥‥」

僕は周りを見渡すと何も変わりがないのを確認した‥‥‥そして、テレビの画面を見る。画面はDVDのトップ画面になっていた。


「‥‥‥あれは夢だったのか?」


僕が起き上がろうと右手を動かした時、「ムニュ」と、何か柔らかい物に触れた感触が右手に。
で、触れた方を見た僕は‥‥‥‥‥‥


「えっ!‥‥‥ええええええ!カッカッカッ…………………カンナ……ちゃん⁈」


僕の右横には可愛いらしい女の子が寝ていた。助けた子猫と一緒に。

「僕の彼女(仮)は妖精さん?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く