話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 「夏事件」の後 155

「――ここだけの話なんですが、香川教授があんなに酷い目に遭わされたでしょう?あのポンコツの井藤……センセに」
 アクアマリン姫はガチに怒っているらしく、華奢な指を拳骨形に固めてブルブルと震わしている。
「あ、久米先生もお怪我なさったんですよね、あの時、そう言えば……」
 怪我と言っても、オレの場合、北教授からの第一報が入って田中先生が杉田師長の機転で――伊達に年とかキャリアは積んでいないなと思わせる素晴らしい決断力と判断能力だった――北教授の搬送された救急車で京都駅に向かった。オレはその後「何もない」ところで転んだ上に、咄嗟に手で身体を庇うということが出来なくて顔面を思いっきりコンクリートでぶつけただけで、きっかけは井藤の凶行だっただろうけれど、オレの怪我までアイツのせいにするには流石に可哀相だ。井藤は大学時代から嫌って避けてきたオレだったけれども。
「オレの怪我は置いておいて……というか些細なことなので気にしないで下さい。それで?」
 この話しは自分でも間抜け過ぎると思っていたので、出来ることならスルーしたい。アクアマリン姫は田中先生の印象通りとても性格の良い女性だろうなとは思うけど、オレの顔面の怪我については流石に呆れるかもしれないし。
 今まで順調に好感度を上げている感じがしたので、マイナス要素は避けたいのが正直なところだった。
「喫茶店での田中先生は、何となく傷ついたというか、心に鬱屈が溜まっているような感触を受けました。
 いえ、普段通りの――と言っても私はそうお会い出来るわけではないのですけれど――快活さとか笑みを浮かべてはいらっしゃいましたけれど、何となく、一回目に会った時とは違うなって思いました」
 へーそうなんだ?と思った。オレは全くそんな変化に気付いていなかった。
 けれども、香川教授がメスで付けられた傷は大したことがなかったのは不幸中の幸いだったと思う。だけれども、あの「神の手」とも呼ばれる腕にメスを突き付けられたのだから、その時のショックは物凄いものだったんだろうなって思ってしまう。
 オレは「神の手」とかじゃないけれど、外科医として指や腕は殊の外大切にしている。
 香川教授の場合は、世界中から手技の実績を慕って患者さんが集まって来ているのだから猶更「腱を切られたら」とかの恐怖を感じるだろう。
 田中先生は誰よりも早く井藤のバカの危険性を察知して色々動いていただけに、未然に防げなかったとの忸怩たる想いがあったのかもしれないな。誰にも悟らせないように振る舞っていただけで。アクアマリン姫の――女性はそういう勘が優れているとか言うし――言葉を聞いて改めてビックリしてしまったんだけど。
 そして。

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く